今になって「あれ、いいですね」といわれる某おチャケ。もちろんとっくに世から消えているブツ。
「そういえば…」とお蔵に電話したら、「え〜と、あと○本ですね」と事務員Mさん。
「おぉ〜、送ってたもれ♪」ってことで… “鷹勇山廃強力H17BY” 延命!! (笑)

「そういえば」と事務員Mさんのつづきが…
「ブログ見てたら、あのオバマさんの、久しぶりに笑っちゃいましたよ♪」
あら、見てたのねぇ〜!! ← 都はるみ on YouTube

“ブタもおだてりゃ木に登る” ってことで…しばらくトップへの居座り決定!! (爆)

生酛のどぶ■生酛のどぶ H18BY仕込18号 +20.5
良く(メーターの)切れたこの年の “どぶ” の中でも最高値を誇るこれ。
ただでさえ外連味のない加藤杜氏の酒なのに、まるで無制限一本勝負の如くとことんまで酵母の活性を引き出したのでしょう。健全、かつ完全醗酵の極致ともいえる洗礼を受けているだけにキレの鋭さは、ヤワな飲み手の目には…相当な強面に映ることでしょうな。
写真のように、“どぶ” の…〜は 度迫力 !?!? (笑)

先日から飲んでいるH19BY仕込18号+9の “どぶ” もうまいけれど、一歳上のこれはまさしく呑兵衛好みですぞ。

アテのトマト煮と白い “どぶ” とで早くも紅梅・白梅の紊れ咲き?
赤魚の煮付にさつま揚げ・牛蒡・シメジの煮物。さらには白菜の浅漬け。
箸を持ったり杯を持ったり、操業短縮や休止が相次ぐ中、“どぶ” 飲みは…
相変らず残業しても追いつかないほどに忙しく、もっちのろんで…
お代わり〜♪ (笑)