分不相応なれど

■呑録(旧暦4/28)
情けないことに、この値段になると、貧乏な呑兵衛には清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟がいる。日常の酒としては、明らかに高望みが過ぎるだろうが、浮き世の義理が二つ重なれば、これもやむなし。
同蔵の”自然酒生もと”、”生もとCLASSIC”に感じていた違和感をどこまで払拭できるか。
『大七 純米吟醸 “皆伝”』
冷やで一口みて、「これが大七!? 嘘だろぉ〜」、そう思わざるを得なかった。下のクラスの酒に感じる妙な硬さは微塵もない。いきなり満開の味を突きつけられるのだ。その味わいからすると、吟香は控え目で好ましいが、生もとらしい特長立った香りはない。キレで勝負するより、生もとがもたらすふくよかな酸が持ち味と見た。
ややもたつく感もあったので、55℃ほどで味の引き締めを図る。
冷めながら味をみていくと、熱さを我慢しても味の多さは拭いきれず、積極的にその味を楽しむには、やはり45℃以下まで下がるのを待つしかないようだ。前日飲んだ奈良の生もととは、まったく性格を異にする会津の生もと。良い酒だとは思うが、財布を痛めた以上の感動は、残念ながら味わえなかった。
この日の肴は、ニギスの塩焼き。白子に当たって、いとうれし。豚肉生姜焼きと付け合わせのセロリの炒め物。車麩と椎茸・シメジの煮染め。茄子のゴマ和え。胡瓜の浅漬けとトマトで口を直しながら、味の多い燗酒を噛みしめた夜だった。


ただし、これ、2003.11詰。15℃に1年半置かれたもの。
味の多さからすると、原料米は山田錦かな。
それと、たぶんデパートを意識した意匠だろうが、包装資材に金をかけ過ぎるのでは?
豪華なラベル、瓶の口に巻かれた飾り紙、紐、化粧箱で1,000円は下らないだろう。
余計な飾りで売る酒でもあるまいに…。それとも、これは、やはり『殿下の酒』? 🙂


ホントかよぉ!?

先日来のPentium Mac話が、とうとうここまで。


俄には信じがたいが、来週開かれるAppleのWorldwide Developer Conference(WDC)で、Steve Jobsの口から漏れる言葉は、果たして…。
またアクセスが殺到してサーバが悲鳴を上げるんだろうなぁ。


和みすぎ?

■呑録(旧暦4/27)
確か連休明けに届き、ほんのひと舐めした後、「タイミングを見計らってみなきゃあなぁ」と思いながら、大事を取りすぎてしまった酒をみることに。ごめんなさい。>お心当たりの方
ただ、一合弱だから定量に足りない。もう一つには久しぶりにこれを。
『鯉川 純米吟醸 美山錦 瓶燗一度火入れ 16BY』
開栓3週間ほど経つから、kanzakerakuenさんが書いたガスは感じないものの、フレッシュな酸がキラキラと立ち上がる。が、その酸がまた清楚で可憐。どぎついまでに自己主張する酒の対極にある。若いゆえの後ハネはご愛敬というものだろう。15BYの美山錦純吟より熟しが早いかも。
180mlの瓶のまま、熱燗(50℃近辺)ちょい上に燗をつけ、次の酒を用意する間、冷ます。
上燗(45℃近辺)ほどに冷めると、冷やより引き締まった後味と穏やかな吟香を楽しむことができる。さらに冷ますと、冷やの清楚さにやさしさが加わる。このやさしさこそが「鯉川らしさ」ではないだろうか。
『久保本家 生もとのどぶ 春火入れ 16BY』
こちらは開栓常温放置1ヶ月半。乳酸菌飲料のような含み香が強まってきた。残糖の甘みは少ないものの、米のうまみがさらに明らかに。キレの潔さは相変わらずだ。3分30秒。思いっきり熱くし、鯉川を飲み終わるまで冷ます。
米を飲む。このご飯のような酒はさらにその印象が強まった。余分な甘さを研ぎ落とした米本来のうまみ。香気が失せると砂糖水のようになる酒の対極にある酒造り。杜氏が目指す、体に自然に馴染む酒の一つの形がここにある。含みに表れる乳酸の香りが心地よく、ご飯を噛んでいるような錯覚さえ覚えそう。米喰らいのDNAを引き継ぐ者にとって、この味がやはり基本であることを教えてくれるようだ。
鮪赤身ブツのヅケ。またもや山葵醤油で食べたチャーシューにポテトサラダ、伽羅蕗は残り物。ほうれん草のお浸しとトマトを口直しに。箸休めは胡瓜の浅漬け。糠漬けが喰いたいぞ。


今日、鯉川の一升瓶が届いた。これで心おきなく飲めるぞ。:-)


しばし息抜き

■呑録(旧暦4/25)
やっと気楽に酒を飲めると、ちょっと悪戯を。
何しろ台所に開栓済みの一升瓶が20本。一触即発の事態収拾に、たまには端瓶の整理もしなければ…。
『竹鶴 純米酒 秘傳』2:1『旭菊 特別純米酒』ブレンド
秘傳の熟成香がブレンドにより幾分弱まったが、味自体に違和感はない。
旭菊のキレの良さに秘傳が最後のひと押しを加える感じ。
鮪のブツで山かけにせよ、というセッティングだったが、別々に味わう。ポテトコロッケもこの酒ならどうってことない。ラードの香りが残っている間に舌の脂っぽさを洗ってくれる。何もかけない冷や奴だけど、まずまず豆乳の味が残っている方だろう。良い口直し。ほうれん草のお浸しがホッとする。
これで取りあえず2本が片付いた。:-)
■呑録(旧暦4/26)
前夜の悪戯を軌道修正。かといって、もっと楽しめそうな酒に手は出しづらい。それに、飲みづらい酒も敬遠しがち。今、正調燗酒を楽しませてくれるとなると…。
『小笹屋竹鶴 番外編 12BY』
開けたてより枯れ味が加わった感がある。それにしても安定感は抜群。
手製のポテトサラダをパクつきながら、これまた自家製チャーシューを山葵醤油で。伽羅蕗の苦みは大人の味か。この酒にはもってこい。この日の口直しは茹でたブロッコリー。
ゆっくり定量を飲み終え、この日の締めとなった。
毎日、気楽に酒を楽しめれば、それだけで気が安らぐのだが…。


月が変わったばかりというのに、もう早、逃げ出したくなる日々。orz
行けるのか、丹波の山懐へ。(´ヘ`;)ハァ


煮生酒

■呑録(旧暦4/24)
皐月の締め括りを何にするか…。しばし迷うも、しんどい月末日を終え、強い酒が欲しくなったし、生だから変わり目も早いだろうとこれを。
『小笹屋竹鶴 宿根雄町 生15BY』
栓を開け、香りを嗅ぐと、生老ねを練れかけた強いアルコールの香りがマスクしはじめている。含んでも同様。山場を越えたかな。そう思わせるのは、こちらの生老ねに対する許容範囲がいくらか広がったこともあるかもしれないが、それを広げたのも竹鶴ならではの強靱さがあってこそだろう。
この時点ですでに喜んでいたが、意を決してレンジで3分30秒の燗をつけた後、もっと喜んだ。生酒の片鱗はわずかに残るが、宿根の15BYがもう飲めるなんて…。
もちろん、完熟11BYと比べるべきではない。あの風格は、時の流れがあってこその代物であって、1年そこそこの若僧に真似できるものではないが、逆に15BYならではの若々しさは今でしか味わえないものだ。
鰹。おぉ、今日は刺身だ。出来合いのまずいタタキよりずっと良いぞ。うぅ〜、うまぁ〜。おやおや、鯖の塩焼きまであるではないか。小振りなところを見ると…。やはり。輸入物の下卑た脂臭さはない。これぞ、焼き鯖の味だよ。昨日と同じセリの煮染め。たっぷり作ったと見え、当分続くことだろう。茹でたグリーンアスパラは、格好の口直し。
一升瓶も、徳利も空いた。定量で十分な満足感。明日から水無月かぁ、早いなぁ。酒のおかげか終わった月への労いはそこそこに、新しい月に思いを馳せた夜だった。


12BYの番外編と、どちらにしようか迷ったが、この味に出会えたんだから正解だろう。
二日続けて熟成酒を飲んだ後だから、余計に新鮮に映ったにしろ。


千秋楽

■呑録(旧暦4/23)
途中で邪魔が入った鷹勇シリーズも「これにて打ち止め〜!!」までこぎ着けた。
『鷹勇 山廃純米酒 60% H9BY』
50%より味が多い分、すっかり熟成古酒の風情。これならかなり強めの燗でも良いか。レンジで3分20秒。
冷めてくると、古酒の香りと味の多さが甘みとなって押し寄せてくる。が、その甘みも冷やより引き締まり、良い按配にバランスしている。造られてから7年も経っているんだから当たり前だが、熟成古酒と名乗ってもおかしくない酒。
バチ鮪の刺身。山葵との相性は確認済み。ふぅむ、今日のはなかなかだぞ。口の中でフワッと溶けていく感じ。セリと揚げとシラタキ(本当は糸コンの方がうまいのだが)の煮染め。ちょっと火を入れすぎだけど、セリの香りは残っているから良しとするか。肉じゃがも良いなぁ。今日の肴では、これが一番合うかも。焼き鮭もあるからつまんじゃえ。あ、まずい、ご飯が欲しくなってきたぞ。
ありゃ、酒が終わっちゃった。気が重い月末前夜。山廃純米熟成古酒になだめられた夜だった。


これのH13BY辺りを飲んでみたいなぁ。出せるのかしら?
あとは… 特純の本領発揮を待つばかり。:-)


QuickTime 7.0.1 Released

Appleのコメントによれば…

QuickTime 7.0.1 により、いくつかの重大な不具合の修正、セキュリティの強化、Final Cut Studio との互換性の改善などが行われます。
すべての QuickTime 7 ユーザの方にこのアップデートを推奨します。
セキュリティ強化の詳細については、こちらを参照してください。

ダウンロードは、OS X付属のソフトウェアアップデートを使用する。
単体アップデータは、Apple Downloads(US)から。
qt701.jpg


Proキーを買えないばかりに、未だQuickTime 6(6.5.2)なおやぢ。orz