Sceneすっかり春めいてきて、暖房を入れなくてもいいか、と思える今日この頃。今朝、扉を開けるとこいつ等が集まってきました。
お目覚め早々、エサの催促かいっ!?
まだ太るつもりなんでしょうか。(汗)

鯉といえば、忘れてはならない “鯉川” の “鉄人うすにごり”。遅ればせながらようやく週明けに届くことに…。
運送屋さん、日曜配達してくれない!? (笑)


大洋盛■大洋盛 純米吟醸“越淡麗” 一回火入れ無濾過原酒 H19BY
越淡麗” とは、元々 “新潟酒72号” と呼ばれていた新開発酒米の登録名ですが、このネーミングをしたのが前知事。あまりにもダサ過ぎて涙が出るほど。
まぁ、このラベルも似たようなものですが…。(笑)

あちこちの蔵からこの米を使った酒が出ていますが、その試験栽培時から関わっていて米の特性を熟知していることに加え、薄酒の地らしい型なれども熟成に耐えるしっかりした酒を造るこの蔵は、おやぢが秘かに「県内No.1」とランク付けしていることもあって、珍しく飛びついてみた結果…

「なんじゃ、これ!?」
どこかの蔵のようにすぐにでも飲める酒に仕上げてあるかも…はちと見縊り過ぎ。
香りも控え目な上に、とんでもないジャジャ馬でありまする。
裏貼りには…

  • 楽しみ方:冷やしてお召し上がりください
  • 甘 辛 度:中辛口
  • 濃 淡 度:やや濃醇

とありますが、そんなの関係ねぇ〜♪ (笑)
とはいえ、手加減して熱燗(50℃近辺)を超させるほどで…

「うはっ!?」
さらにジャジャ馬ぶりに拍車がかかりまする。
原酒だし、一回だけとはいえ火入れだし、若いであろうことは予想していましたが、
ここまでとは恐れ入谷の鬼子母神。こういう酒、大好き♪ (爆)

もちろん、うまみを堪能するにはもっと熟成が必要です。
が、限定品ですから何しろ本数がありませぬ。しかも四合瓶だけ!!
と呑兵衛にははなはだ罪作りな酒なれど…
「手元でしっかり躾けます」という里親募集中♪ (笑)