今日はチョコレート業界の陰謀に翻弄される日のようですが…
呑兵衛にはそっちのチョコよりも気の利いた猪口の方がずうっとありがたいですな♪
それも、須田菁華さんの赤彩盃なんぞをいただけるなら木にだって登りますぞ。
齢を重ね、ようやく赤絵にも馴染めるようになってきたところですし…
我が儘をお許し願えるならば「吉」の字より「福」の字を所望いたしまする。(笑)
 
鶴齢■鶴齢 特別純米“山田錦” (04.01詰)
これ、オープンショーケースに置かれ、花冷え(10℃近辺)ほどを保っていたとはいえ、いつ開栓したのか、すっかり忘れてしまっておりまする。X-)
「甘が目立たなければいいけど」と冷やジュル。
「うむ、この程度なら」と熱燗(50℃近辺)から飛び切り燗(55℃近辺)を目安に回ってもらって…。

いつも飲んでいるような強い酒ではありませぬが、山田錦の素性の良さに助けられ、ふくよかなうまみを味わいまする。

アテは、鮪赤身(たぶんビンチョウマグロ)の刺身。
出されれば食べますけど、自分では買ってこないのが鮪。まぁ、そんな奴がいたっていいでしょ? (苦笑)

裏貼りカレーにはたっぷりパスタが…。
「出所はあれだな」という甘〜いカレーにパスタも啜りながら、酒をグビグビ♪
さつま揚げ・冬菜の煮物もつまんでいたら、“鶴齢” が終わっちゃって…

■大洋盛 純米吟醸 “越の魂” (05.10詰)
新潟らしからぬ味の濃さを持つ “鶴齢” の後に最も新潟らしい “大洋盛” は酷かとも思いきや、軽やかなれど、きちんと “芯” のある味わいを伝えまする。
なぜか、ホッとするものが…。

しかし、このblogに新潟の酒が出てくるだけでも珍しいのに、それが二つも!?
挙げ句、新潟の酒だけで終わるとは…誠に以て椿事ですな♪