この子どこの子

昨夜は、ロールキャベツにはじまり、人参や玉ねぎとともにカレー煮。
そして、トマトとともにパスタで。シラタキと胡麻和えに…とキャベツ責め。
唯一、カツオのカルパッチョ風にレタスが使われていただけで
此見よがしにキャベツ、またキャベツのオンパレードと相成りました。
しかも、一応、どれも洋風。

しぞぉ〜かのお嬢様ならずとも普通ならすんなり…
本日の酒量〜 白ワイン 750ml ♪
は生憎このおやぢには通じませぬ。 (笑)

ましてや「19BY のサンプルを見てみよう」と 180ml なれど 2 本も持ち帰っておりましたから、取りあえず最初のを冷やジュル。
Sample「おやまぁ、もうこんなに?」
この米で、しかもこの造りで、「ひと夏越したところでどうせガチガチ」という予想は見事に覆されました。この精米歩合に似つかわしくないきれいなうまみ。それにこの含み香、いたく気に入りましたぞ。

「ちょっと熱くしすぎたか」という飛び切り燗(55℃近辺)超から冷ましつつ…。
熱いとさすがに若返ってしまうものの、上燗(45℃近辺)ほどでうまみが開きます。冷やの時同様、否、もっとゾクゾクするほどの含み香。ウンマ〜い!!
おまけにロールキャベツ、カレー煮、パスタ、なんでもござれ♪

ところで…これ、火入れのはずですが、いつ出るのか分からないんですけどぉ〜。(汗)
あ、生なら先日メールでお知らせしたように若干数♪

あっという間に一合が終り、二本目の冷やジュルへ。
「相変らず吟醸臭いなぁ」という苦笑とともに、どちらかといえば「こちらの方が飲めるんだろうな」という予想を裏切って、このお蔵の酒とは思えぬほどガチガチ。
燗をつけてもさほど印象は変わりません。純米吟醸なんだから当たり前といえば当たり前ですが、さらに強まった吟醸香と硬さが目立つ味わい。
昨年までと同じタイミングで出してはダメでしょうね、これは。

それと、如何に吟醸、それもプンケバ系好きにはまだまだ物足らないレベルとはいえ、食中酒にするにはやはり香りが多過ぎます。
もし 20BY でもこの米を使われるつもりなら、酵母を変えることも考えられては?

一合ずつ 2 本で正二合ですからピッタリ定量。これでやめればいいものを…
「秋鹿、半分だけでいいから」と “純米吟醸 2003年醸造” を追加。
十分に練れた純米吟醸に俗っぽい吟醸香があろうはずもなく、原酒の強さも手伝って、しっかりとした飲み応えを与えてくれまする。
やはり古おやぢには熟女がお似合いのようで♪ (笑)

そうそう、今日の写真は資料映像。登場したお酒とは関係ありませぬ♪ 🙂


Microsoft Office for Mac 更新プログラム

Microsoft Downloads

Microsoft から “Office for Mac” の最新アップデータが公開されました。
Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.3 更新プログラム
Microsoft Office 2004 for Mac 11.5.2 更新プログラム

“Office 2004 for Mac” にはもう一つ、“Office 2008 for Mac” や “Office 2007 for Windows” のファイルをコンバートする…
Microsoft Office Open XML File Format Converter for Mac 1.0.1
も。これは任意扱いですから Microsoft AutoUpdate では適用されません。
ダウンロードは、上の画像をクリック、またはこちらから。

まだ “Office 2008 for Mac” を必要としない、というか貧乏でアップグレードできないため、相も変わらず “Office 2004 for Mac” を使っているおやぢめに Microsoft AutoUpdate 経由では以下のコメントが。

この更新プログラムは、Office 2004 の脆弱性および安定性を改善します。これにより、攻撃者が Office 2004 のファイルを使って、あなたのコンピュータのメモリを悪意のあるコードで上書きすることができなくなります。

しかし、今でこそ “表計算ソフト” の代名詞ともなっている “Excel” ですけれども…
元来は Mac 専用のアプリだったということをご存じかしら?
1.44MB のフロッピー・ディスク 2〜3 枚に収まっていた頃が懐かしい♪


国民目線

Priceメンテへの道中では一番安いスタンドの看板がようやく 150 円(レギュラーガソリン 1L 当たり・税込)を割りました。
拡大画像でも見難いので補足すると…
ハイオク 157 円・レギュラー 146 円・軽油 134 円

一時はレギュラーでさえ 180 円を超えたことを思えば幾分はマシのようですが、原油価格の高騰があるとはいえ、庶民の実感としては「まだまだ高い」といわざるを得ませぬ。
最低でも今年 4 月に租税特別措置法の失効で暫定税率が廃止された時の値段に。
あわよくば二桁台に♪
ついでに…
景気対策というなら高速道路料金の割引は終日にしたら…いやいやそれよりも
割引は終日、無料ならなお良し
どこかで聞いたような文句ですこと♪ (笑)

閑話休題。
あの時、財源を失った多くの知事から猛反対の声が上がりましたけれど、暫定といいつつ 30 年以上も続いていることに以前から疑問を抱いていた一庶民としては、その廃止に諸手を挙げて賛成したもののたったひと月で元の木阿弥。「本当に必要な税金なら暫定ではなくきちんと制度化しろ」といつもの如くの負け犬の遠吠えで終わったのでした。

ちょっと調べれば分かることですが、車の燃料となるガソリンと軽油には下の表(クリックで拡大)のような税金がかけられています。

ガソリン・軽油 税額表※『本税』としてあるのは、ガソリンでは『揮発油税』、軽油では『軽油引取税』のこと

ただし、消費税は、あくまでも列記した税額に関わる分だけですから、実際には売価から上記税額を差し引いた商品代金(本体価格)にかかる分が加算されます。
そして、これをグラフ(クリックで拡大)で見ると…

ガソリン・軽油 税額グラフ

黄色と薄茶色の部分が件の『暫定税率』による税額ですが、驚くべきことに本則税率だけなら消費税を加えてもなお、現行の軽油にかけられている税額よりも安い!!
積算すれば 30 年を超える長きにわたり、約二倍もの税をかけられていることに…。
これのどこが『暫定』なのか!?

そして、酒税同様、ガソリンもその税にまで消費税をかける二重課税が公然と行われている、という事実。

もう一つは、ガソリンと軽油の価格差。
製造原価はほとんど変わりませんから本来は税額の差だけの 24 円強になるはずが…
冒頭のように ハイオク 157 円・レギュラー 146 円・軽油 134 円
という不思議な値付けが罷り通る理由は?

軽油に関しては、つい最近まで政策的にかなり抑えられた値付けとなっていたことも事実で、その割りを喰っていたのがガソリンだったのですけれど…。
軽油ユーザーは、その長年のツケを回収されているのか、一般消費者の目がガソリンばかりに向いているため、従前とはあべこべに安くせざるを得ないガソリンの割りを喰っているのか。

同じことが灯油にもいえます。軽油とはほぼ同じ性質ですから製造原価も当然同じ。
ということは、軽油からそれにかかる税額を差し引けば灯油の値段になるはず。

さて、あなたが買われているガソリンや軽油、そして灯油は今、いくらですか?
絶対価格はさておき、上で書いたような計算式どおりになっていますか?

こういうことを気にかけたり、時には常識とされることすら疑ってみることこそが、我々に必要な目線なのであって、御為倒しに使っているだけの政治屋(もはや政治家はいないでしょ!?)やお役人には、端からそんな気はないでしょうが、決して身につかないものでしょうな。
ゆめゆめ政治の嘘や役所のご都合に振り回されませぬように♪

最後に…
早く衆議院の解散と総選挙をやりなされ!!

とたまには社会派気取りで♪ (笑)


New MacBook

新しい “MacBook” と “MacBook Pro”、それに “MacBook Air” が出ましたね♪

MacBook Air Keyboard

アルミ精密削り出しのユニボディ、ガラス製のトラックパッド、LED バックライトディスプレイ、そして統合型グラフィックプロセッサなどがウリのようですけれど、中身はともかく見た目は…
日々 “iMac” + “iPhone” を使い回している身としてはそのデザインも含め新味は今イチ。ブラックに変えられたキーも個人的にはマイナスポイント。下がったという値段にしても、もっともっと安い Windows ノートがあることもまた事実。

然れど、それを補って余りあるのが、常に巨人 Microsoft に煮え湯を飲ませ続けている “Mac OS”。それに加え、Mac OS と Windows とのマルチブートを可能にしたハードウェア環境。このアドバンテージは当分揺るがないでしょうし、もっと評価されてもいいと思います。ハードウェアに関しては、Windows PC に固執する必要はなくなった、という認識とともに。

マイナスとしたカラーリングはともかく、デザインに関しては、ノートのデザインはいくところまでいった、という感もあります。これ以上奇抜さに奔って、却って使い勝手を悪くしては本末転倒。薄さや重量にしてもまた然りです。『用の美』を忘れたところにいいデザインのあろうはずがありませぬから。

と一応、Apple ファンとして物申したものの、やはり…
どうせ使うならデスクトップ!!
持ち歩きもしないのに、使い勝手に制約のあるノートを使う気にはならないのです。

という訳で、買わない、その実「買えない!!」という憐れな身はさておき…
お金に余裕のある方、あるいは新規や買い換えを迫られているノートユーザに♪ (笑)


今日も今日とて

「これ、酒の肴にしてくれ」とまたもやH1兄から、今度は栃尾の油揚げが…。
タコの残りと温海名物、赤かぶ漬も出揃って、すっかりH1兄家依存症。
おかげでアテに不自由はしませぬが、おチャケは…これだけはさすがに自前ですな。

睡龍■睡龍 速醸純米吟醸 H15BY
届いて直ぐに開栓して以来、ずうっと放置されていましたから詰日付どおり四年に及ばんとする居候。敷金なし・礼金なし・家賃なし、そしてトラブルなしの四なし♪ (笑)

仄かな熟成香、そして引き潮を思わせる後味。肝心なうまみは実に酒らしい味わいとはいえ、甘の欠片もなし。まるで酒の『髄』だけを取り出したかのよう。
完全醗酵はもちろん、切れるところまでメーター(日本酒度)を切ったがゆえの淡麗辛口。アル添と炭濾過とで仕立てた『のようなもの』が決して真似のできない、まっとうな酒だけが持つ質実剛健さ。

しかし、加藤杜氏が自認する『華のない酒』の極致であったであろうこの15BYに入れ揚げるなんぞ、よほどの変人か、どMでしょうな。(笑)

「もっとしっかり焦げ目をつけて」というリクエストも揚げの脂ゆえか、なかなか焦げ目まではいかないものの、カリッと炙られた油揚げを生姜醤油にチョン♪
山葵醤油で食べるタコブツも昨夜に引き続き、ウマウマ。
加えて、秋刀魚の煮付けにおからと地味なアテが地味な酒を守り立てまする。(笑)

定量に満たなかった睡龍だけれど、なぜかそれなりに満足。
これも地味な酒がもたらす滋味のなせる業? 🙂

「今年も “ひやひやおろし” が出ます」
という二夏越し18BY生詰のご案内をいただいたのはありがたいけれど、実は…
“ひやひやおろし” どころか “ひやひやひやおろし” となる三夏越し17BYがもう少々。
これがホントの冷や汗!?!? (苦笑)

※久保本家の “ひやおろし(生詰)” は…文中にあるように当年酒ではなく、一年余計に寝ています。
 だから “ひやひや” おろし♪ (笑)


ありがたや

海までちょっとひとっ走り♪という土地なれど、地の魚を目にすることがほとんど無い、という情けない状況を救ってくれていた近所の食品スーパー。鮮魚の種類もそこそこだし、肉のレベルもまずまずだったにもかかわらず、合理化の煽りを食って先月末で閉店撤退。orz
もう一軒は安いだけが取り柄で、魚はいつ行っても同じ品揃えだし、肉もまずそうなれど、その『安さ』を第一義とする顧客に支持され、のうのうと生き残っておりまする。

すべての分野で『安さ』こそが正義であるかのようにもて映やされていますけど、その『質』に対して無頓着ままでいいのでしょうか。
「質を求めるだけの財布が伴ってこそ」という言い分も尤もでしょうが、伴うのを待っていたら信頼できる『質』を提供してくれる担い手がいなくなりそうですな。
それに…
伴っていないはずの財布で、ずいぶんあれこれと無駄遣いしているじゃない!?!?

何もいたずらに値段が高かったり、高級食材ならばまっとうということではありませぬ。大吟醸や純米吟醸でなくとも、きちんとうまいまっとうな酒があるのと同じことかと。
例えなけなしのお金であっても、口にするものくらいはもう少しまっとうなものを選んだら、い・か・が?

そんな遠吠えが聞こえたのか、温海まで出かけていたH1兄から茹で蛸の差入れ♪
千葉でお目にかかった美女からいただいた『しぞぉ〜か』名物、黒はんぺんも♪

タコブツ 黒はんぺん

タコの足はブツに切って山葵醤油、黒はんぺんは焼いて言い付けどおり生姜醤油で♪
合わせたおチャケは…

秋鹿■秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 2003年醸造
常温に置かれ、吟醸らしさは失せたものの、生老ねをマスクしてしまうほどの練れ具合と味乗りの豊かさは、それを補って余りありまする。ウンマ〜い!!

アチチに燗をつけて、焼き立ての黒はんぺんを頬張りながら、グビり♪
タコは実にいい按配の茹で加減でクニュクニュ、グビり♪
おぉ、野菜・椎茸・豆腐だけというヘルシーな鍋も。
ますますピッチが上がりまする、お代わり〜♪

いい気になって飲み過ぎ→沈没というお定まりのコースからから生還して気づいたことが…。
「そういえば原酒だったね」orz


大人のミルキー

いつもながらに蚊帳の外ですけど、世間様は三連休なんですね。
ようやく晴れた連休中日。
お出かけもいいけれど、夜は「うまいアテとまっとうな燗酒で」もお忘れなく♪

日置桜■日置桜 純米火入にごり H19BY
先日の柏でちゃっかり試し飲みをした結果、迷わず仕入れたとはいえ、あれは開栓されていたものですし、ご当主からの案内にも「渋い」とありましたから、過大な期待を排除しての上澄み冷やジュルから。
「へっ!?!?」
それ相応の覚悟で臨んだというのに拍子抜け。(苦笑)
「まさかあべこべはないだろう?」
とよぉ〜く混ぜてからまたしても冷やジュル。
「ウソでしょ〜!?!?」
日置桜で、なおかつ変人向け限定仕様(7号酵母仕込)で、今年の酒が今からこんなに飲めるなんて、もってのほかだぁ〜!! (笑)

その上、「試験醸造も兼ねてだから」とこんな値付け(2,000円/1800ml:税別)をされたら、よそのお蔵は泣いちゃいますぞ。

勘所を心得たご当主に対し、優越的地位の濫用で変人向け仕様の差止め請求が起きる…
訳ないか。(笑)

うまいけど甘くはなく、ふわ〜っと鼻に抜けてくるヨーグルト様の香り。
燗をつけるとますます…ウンマ〜い!!
絶対に反則ですな、これ♪ (笑)

アテは、スモークされたソーセージや牛肉入りのポトフ。
噛むと肉汁とともにしみ出すソーセージの脂もなんのその。
粗くつぶして胡椒を利かせた粉吹き芋もパクパク食べながら、うンめぇ〜♪
俄山羊男となった夜でした。:-)

【追記】
『憎みきれない〜 ろ(6号酵母)く(9号酵母)でなし〜♪』
というタイトルにすることも考えたものの、また「ジュリ〜!!」ですから。(苦笑)


夕暮れ時

Scene霞か雲か、はたまた夕餉の煙か・・・
ならまだしも、一時期に比べればずいぶんマシとはいえ、相も変わらず不埒者が…。
コンバインで刈り取った後の稲藁か籾摺りを終えた籾殻(今はほとんどこっち?)が燃やされて、ひどいとこの煙で前が見えなくなり、それが原因で事故が起きることもしばしば…という実に傍迷惑な代物。

こういう風物詩は要りませぬな。


呼び水

あさひ町スタンド先日、初めて降り立った柏の街は思いの外に賑やか。
「へぇ〜、高島屋があるのね」とキョロキョロしながら西口を出ると、救急車や消防車までお出ましで、何か騒ぎ事があった模様。二階からボケ〜っとその様子を眺めていたら某レーダーに捕捉され、そのままここへ連行♪

ヱビス中ジョッキにおつまみ三品付きの生ビールセットを頼んで、まずはお疲れさま〜&はじめまして♪

店名はスタンドなれど、ご覧のようにカウンターとテーブルは酒の6P箱の椅子に座って…というスタイル。中にはお子ちゃま連れも。早、英才教育ですか。それにしても早過ぎません? (笑)

「そろそろ」という主(ぬし)の声に促されてお会計を。三人で1,800円。安いっ!!


暦を見ながら

誰が考えたのやら “ハッピー・マンデイ” なるおバカな制度のおかげでずれてしまったものの、今日も “晴れの特異日” の面目躍如ですな。
今から44年前の今日、アジア初のオリンピックとなった東京大会の開幕を記念して制定された “体育の日” ですから、ただ休みありきではなく、やはりこういう曰く謂われは大切にしないといけない…と思うのであります。

そういえば、彼の年は…
某酒モアイ杜氏や某がんこ酒屋さんがこの世に生を受けた年でもあらせますな♪ 🙂

新潟港屏風絵それにしても今月は、あれこれ送られてくるサンプルやら「出ます!!」「もうお終い!!」「早く(引き)取って!!」と次から次へと入るおチャケの案内の何たる目まぐるしさよ。
仕舞い場所が格段に狭くなりましたゆえ、嬉しい悲鳴が絶えませぬ。
つきましては、はなはだ勝手ながら、ご予約いただいております品々はなるべく早めのお引き取りをお願いいたしまする。(汗)

ただし、うれしい知らせも…。
今年も 酒モアイ杜氏ご光臨決定!!
\(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ、\(^o^)/バンザーイ

地元組の諸姉諸兄、恒例の燗法会を心して待たれよ♪