Priceメンテへの道中では一番安いスタンドの看板がようやく 150 円(レギュラーガソリン 1L 当たり・税込)を割りました。
拡大画像でも見難いので補足すると…
ハイオク 157 円・レギュラー 146 円・軽油 134 円

一時はレギュラーでさえ 180 円を超えたことを思えば幾分はマシのようですが、原油価格の高騰があるとはいえ、庶民の実感としては「まだまだ高い」といわざるを得ませぬ。
最低でも今年 4 月に租税特別措置法の失効で暫定税率が廃止された時の値段に。
あわよくば二桁台に♪
ついでに…
景気対策というなら高速道路料金の割引は終日にしたら…いやいやそれよりも
割引は終日、無料ならなお良し
どこかで聞いたような文句ですこと♪ (笑)

閑話休題。
あの時、財源を失った多くの知事から猛反対の声が上がりましたけれど、暫定といいつつ 30 年以上も続いていることに以前から疑問を抱いていた一庶民としては、その廃止に諸手を挙げて賛成したもののたったひと月で元の木阿弥。「本当に必要な税金なら暫定ではなくきちんと制度化しろ」といつもの如くの負け犬の遠吠えで終わったのでした。

ちょっと調べれば分かることですが、車の燃料となるガソリンと軽油には下の表(クリックで拡大)のような税金がかけられています。

ガソリン・軽油 税額表※『本税』としてあるのは、ガソリンでは『揮発油税』、軽油では『軽油引取税』のこと

ただし、消費税は、あくまでも列記した税額に関わる分だけですから、実際には売価から上記税額を差し引いた商品代金(本体価格)にかかる分が加算されます。
そして、これをグラフ(クリックで拡大)で見ると…

ガソリン・軽油 税額グラフ

黄色と薄茶色の部分が件の『暫定税率』による税額ですが、驚くべきことに本則税率だけなら消費税を加えてもなお、現行の軽油にかけられている税額よりも安い!!
積算すれば 30 年を超える長きにわたり、約二倍もの税をかけられていることに…。
これのどこが『暫定』なのか!?

そして、酒税同様、ガソリンもその税にまで消費税をかける二重課税が公然と行われている、という事実。

もう一つは、ガソリンと軽油の価格差。
製造原価はほとんど変わりませんから本来は税額の差だけの 24 円強になるはずが…
冒頭のように ハイオク 157 円・レギュラー 146 円・軽油 134 円
という不思議な値付けが罷り通る理由は?

軽油に関しては、つい最近まで政策的にかなり抑えられた値付けとなっていたことも事実で、その割りを喰っていたのがガソリンだったのですけれど…。
軽油ユーザーは、その長年のツケを回収されているのか、一般消費者の目がガソリンばかりに向いているため、従前とはあべこべに安くせざるを得ないガソリンの割りを喰っているのか。

同じことが灯油にもいえます。軽油とはほぼ同じ性質ですから製造原価も当然同じ。
ということは、軽油からそれにかかる税額を差し引けば灯油の値段になるはず。

さて、あなたが買われているガソリンや軽油、そして灯油は今、いくらですか?
絶対価格はさておき、上で書いたような計算式どおりになっていますか?

こういうことを気にかけたり、時には常識とされることすら疑ってみることこそが、我々に必要な目線なのであって、御為倒しに使っているだけの政治屋(もはや政治家はいないでしょ!?)やお役人には、端からそんな気はないでしょうが、決して身につかないものでしょうな。
ゆめゆめ政治の嘘や役所のご都合に振り回されませぬように♪

最後に…
早く衆議院の解散と総選挙をやりなされ!!

とたまには社会派気取りで♪ (笑)