昨夜は、ロールキャベツにはじまり、人参や玉ねぎとともにカレー煮。
そして、トマトとともにパスタで。シラタキと胡麻和えに…とキャベツ責め。
唯一、カツオのカルパッチョ風にレタスが使われていただけで
此見よがしにキャベツ、またキャベツのオンパレードと相成りました。
しかも、一応、どれも洋風。

しぞぉ〜かのお嬢様ならずとも普通ならすんなり…
本日の酒量〜 白ワイン 750ml ♪
は生憎このおやぢには通じませぬ。 (笑)

ましてや「19BY のサンプルを見てみよう」と 180ml なれど 2 本も持ち帰っておりましたから、取りあえず最初のを冷やジュル。
Sample「おやまぁ、もうこんなに?」
この米で、しかもこの造りで、「ひと夏越したところでどうせガチガチ」という予想は見事に覆されました。この精米歩合に似つかわしくないきれいなうまみ。それにこの含み香、いたく気に入りましたぞ。

「ちょっと熱くしすぎたか」という飛び切り燗(55℃近辺)超から冷ましつつ…。
熱いとさすがに若返ってしまうものの、上燗(45℃近辺)ほどでうまみが開きます。冷やの時同様、否、もっとゾクゾクするほどの含み香。ウンマ〜い!!
おまけにロールキャベツ、カレー煮、パスタ、なんでもござれ♪

ところで…これ、火入れのはずですが、いつ出るのか分からないんですけどぉ〜。(汗)
あ、生なら先日メールでお知らせしたように若干数♪

あっという間に一合が終り、二本目の冷やジュルへ。
「相変らず吟醸臭いなぁ」という苦笑とともに、どちらかといえば「こちらの方が飲めるんだろうな」という予想を裏切って、このお蔵の酒とは思えぬほどガチガチ。
燗をつけてもさほど印象は変わりません。純米吟醸なんだから当たり前といえば当たり前ですが、さらに強まった吟醸香と硬さが目立つ味わい。
昨年までと同じタイミングで出してはダメでしょうね、これは。

それと、如何に吟醸、それもプンケバ系好きにはまだまだ物足らないレベルとはいえ、食中酒にするにはやはり香りが多過ぎます。
もし 20BY でもこの米を使われるつもりなら、酵母を変えることも考えられては?

一合ずつ 2 本で正二合ですからピッタリ定量。これでやめればいいものを…
「秋鹿、半分だけでいいから」と “純米吟醸 2003年醸造” を追加。
十分に練れた純米吟醸に俗っぽい吟醸香があろうはずもなく、原酒の強さも手伝って、しっかりとした飲み応えを与えてくれまする。
やはり古おやぢには熟女がお似合いのようで♪ (笑)

そうそう、今日の写真は資料映像。登場したお酒とは関係ありませぬ♪ 🙂