渡り

鶯の谷渡りならば風情もありましょうが、お役人のそれは一般常識からすれば身勝手というもの。
どう抗弁したところで見苦しいだけですから、一年以内といわず今年度から即座に止めたらよろし。
まぁ、“あ、そう?” さんではそういう感覚も…たぶん持ち合せていない? (笑)

それはさておき、呑兵衛諸姉諸兄ならおチャケの渡りは至極当然?
こと外飲みともならば、一体全体いくつ渡り歩くやら。(笑)

白子鍋相変らず見目はよろしくありませぬが、この蛤出汁の白子に脊髄反射で選んだおチャケは…

■羽前白梅 純米酒 “出羽燦々50%” (21.1詰)
開けて一週間ほど、思いの外に早く「いいじゃない!?」と。
酒造好適米とはいえ美山錦に比べて「やや香りが…」という出羽燦々なれど、“白梅” らしくキチッと締まった味わいと玉のような口当たりが心地好いですな。
10秒ほど短く回したものの、しっかり飛び切り燗(55℃近辺)♪
白子を頬張り、“白梅” を含めば…わぁ〜んだふぉ〜♪

蛤のうまみを吸った水菜や豆腐はもちろん、汁も啜りながらグビグビ♪
口直しにはセリ・油揚げ・シラタキの煮物。セリの風味がたまりませぬ。

「鴨、どうする?」「手っ取り早く塩胡椒でソテーかな」「皮は?」「もちろんつけたまま!!」
鴨のできあがりと同時に “白梅” がちょうど終わりましたゆえ
「半分でいいから、お代わり〜♪」

■清酒竹鶴 純米吟醸生酒 “初しぼり” H20BY
開けて数日。うまさ全開には程遠いとはいえ、やはり “竹鶴” は “竹鶴” ♪
たっぷり出た鴨の脂が絡んだ赤身もさることながら、皮を噛みしめた時の脂が口中に…
ばくはつだぁ〜!! のところへ “竹鶴” をグビり♪
溢れんばかりの脂を綺麗さっぱり洗い流す剛刀の冴えよ、ってなものですな。
しかし、これでも一応、純米吟醸。
消臭剤がいるようなプンケバや、ただ米を磨いただけのヨワヨワ純米吟醸がまずますボロに思えまする。

「真鴨はうまいけど、所詮は渡りだからねぇ」と鳥インフルエンザに過剰反応?
なれど、罹ってからでは遅いのが病。お役人の渡り同様、とんでもなく高くつくばかりか命あっての物種だけに、口にするものには「臆病者!!」の謗りも結構毛だらけ猫灰だらけ。どんな責めでも甘んじて受けまするぞ。
そんな会話から業務用の合鴨を差し入れてくれたH1兄に…大感謝♪


お毒見 -1-

「暇だぁ〜」とぼやきつつ、ドカドカとやってくる時には重なるもので、あっちからこっちからのおチャケ到着。
とはいえ、17BYとか18BYとか19BYなんですが、ようやくお目にかかった20BYも♪
ただし、数がホントに少ないですから、なくなっても責任は負えませぬ。

そして、こっそり下調べもしたり…。(笑)

純米古酒1992■某1992純米古酒
BY(酒造年度)なら…『伊代はまだ16だから〜♪』でしょうか。(笑)
“旭菊 H7BY” などの熟成古酒に比べると「もう少し甘があってもいいか」とも思いますが、熟成酒の魅力は決して豊潤ともいえるその甘だけではありませぬゆえ、枯れも見せはじめ、燗をつけるときちんと締まりを味わわせてくれるこれも、食とともに楽しめる熟成酒のあり方の一つだと思いますな。

ただ…これ、一升瓶がないのですよねぇ。
裏貼りだけ修正してもらって、一升瓶に詰め替えたら…3,600円/1800ml(税込)くらいにならないかしらん、とまたもや捕らぬ狸の皮算用を。(笑)

アテの豚の生姜焼きを頬張ってこの酒を含むと、口の中がすっきりシャッキリ、箸が止まらなくなりまする。
カボチャのカレー煮だとさすがにちょっと素っ気なくなりますが、ベロを直すにはいいですな。
胡瓜・玉ねぎ・若布は胡麻油と “富士酢” で。

取りあえずレギュラー品を船出させてから、追い追いこちらも相やら段やらすることにしましょ♪


東山道中膝栗毛 -其之㭭-

駐車場に車を入れた時のオド・メーターは850余km。「後はまかせた」とカミさんにキーをぽぉ〜ん♪ (笑)
前橋までの200kmを差し引くと二日間で650kmほどの珍道中でしたから、ちと足慣らしを…柳都の繁華街某一角をぐるりと一周。「この煉瓦造りと黒塀が “行形亭” さんと並ぶ柳都の双璧、“鍋茶屋” さんの裏口」「あらま、鮭茶漬けで知られる “加島屋” さん、こんな立派なビルにお引っ越し?」と俄ガイドも久しぶりの東堀(通)の変貌にキョロキョロしながら、「あ、あそこが新潟一おいしいお豆腐屋さん」と指差しながら、古町界隈特有の小路を抜け、鍋茶屋通りへ。
しかし、鍋茶屋さんの門から玄関までこの時期に打ち水がされているとは…。
新堀通りへ出れば、先ほどの駐車場が目の前に…。
いよいよ珍道中も〆となりまする。

どぶ元締め” や “酒モアイ杜氏” がお越しの折にもお世話になった柳都が誇る燗酒の星、“そばきり酒房 吟” さんが仕込みで忙しい開店前から乗り込み、カウンターで道中の総括を。
「何をお出ししましょう?」
ようやく手が空いた店主の畔上さんの声にすかさず…
「ビール!!」でお疲れさんの…( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

その後はひたすら松本さんに「アッツくしてね♪」で
“群馬泉山廃酛純米”・“小笹屋竹鶴大和雄町H15BY”・“睡龍生酛純米H17BY” のリサイクル燗撃♪
イサキのなめろうや女池菜のお浸し、先ほどのお豆腐屋さんの湯豆腐と冷や奴、出汁巻き卵・・・

ユルアツ♪” に来てくださった妙齢の美女たちとの再会で脂下がるおやぢ組なれど…
「おぉ〜、そろそろ最終の新幹線が…」
で珍道中も打ち上げと相成りましてございまする。

吟スタッフ解団式でもすっかりお世話になった “吟” の店主、畔上さん(手前)と “まっちゃん” こと松本さん(左)。
あの日は竹原遠征の “チーム吟” 、この日はお客さんだった○○さん。
ごちそうさまでした〜♪

そして、相方を務めてくださった “狼亭” さん。長の道中、たいへんお疲れさまでした。あ〜んど、おつきあいいただき、ありがとうございました。
またのお越しをお待ち申しあげておりまする。

最後に…
此度の道中でお世話になった “つくし” さん、“地元組K” さん、“群馬泉” さん、“鯉川” さん、庄内の誇る “イタリアン・シェフ” と “宿の若女将”、“あねちゃの店の昔のお姉様方” に今一度、心からの感謝を。
たいへんありがとうございました。

【おわり】

■そばきり酒房“吟”
 新潟市中央区東堀通8番町1429-2 〒951-8065
 phone: 025-224-7181
 18:00〜26:30(02:30) 日曜・祝日休み


タイトルの連番には今回も『大字』を用いました。ちなみに…
 一・二・三・四・五・六・七・八・九・十
 壱・弐・参・肆・伍・陸・漆・㭭・玖・拾
となりまする。【参照】→ Wikipedia:大字 (数字)


ド〜は…

今になって「あれ、いいですね」といわれる某おチャケ。もちろんとっくに世から消えているブツ。
「そういえば…」とお蔵に電話したら、「え〜と、あと○本ですね」と事務員Mさん。
「おぉ〜、送ってたもれ♪」ってことで… “鷹勇山廃強力H17BY” 延命!! (笑)

「そういえば」と事務員Mさんのつづきが…
「ブログ見てたら、あのオバマさんの、久しぶりに笑っちゃいましたよ♪」
あら、見てたのねぇ〜!! ← 都はるみ on YouTube

“ブタもおだてりゃ木に登る” ってことで…しばらくトップへの居座り決定!! (爆)

生酛のどぶ■生酛のどぶ H18BY仕込18号 +20.5
良く(メーターの)切れたこの年の “どぶ” の中でも最高値を誇るこれ。
ただでさえ外連味のない加藤杜氏の酒なのに、まるで無制限一本勝負の如くとことんまで酵母の活性を引き出したのでしょう。健全、かつ完全醗酵の極致ともいえる洗礼を受けているだけにキレの鋭さは、ヤワな飲み手の目には…相当な強面に映ることでしょうな。
写真のように、“どぶ” の…〜は 度迫力 !?!? (笑)

先日から飲んでいるH19BY仕込18号+9の “どぶ” もうまいけれど、一歳上のこれはまさしく呑兵衛好みですぞ。

アテのトマト煮と白い “どぶ” とで早くも紅梅・白梅の紊れ咲き?
赤魚の煮付にさつま揚げ・牛蒡・シメジの煮物。さらには白菜の浅漬け。
箸を持ったり杯を持ったり、操業短縮や休止が相次ぐ中、“どぶ” 飲みは…
相変らず残業しても追いつかないほどに忙しく、もっちのろんで…
お代わり〜♪ (笑)


非生臭酒

竹鶴■清酒竹鶴 純米吟醸生酒 “初しぼり” H20BY
一昨年、蔵へお邪魔した際に “お持ち帰り” して以来となる竹鶴の “初しぼり” ですな。
八反(広島県産)の50%でありながら、いかにも石川杜氏の酒らしく酸もたっぷりで、含みや中盤までの味わいは十分に飲める味わい。ただし、さて余韻を…という段になると苦や硬さが際立つのは致し方ありませぬ。

然れど、竹鶴としてはやや抑えた飛び切り燗(55℃近辺)とはいえ、しっかり燗をつけてもあの生臭さがほとんど目立たないのですよ。フレッシュ、かつ豊かなボディを楽しみつつ、杯が進むこと進むこと。

こういう生酒なら生嫌いにもオススメ♪ なれど、本数が限りなく少ないのが難ですな。(汗)

群馬泉■群馬泉 山廃酛純米
翻ってこちらは火入れの定番酒。お燗の仕方次第ではもっとふくらみ、豊かなうまみを味わわせてくれるはずですが、飽かずに飲むには…もそっと燗温度を上げて味わいを引き締めるのも手かと。
捌けも良くなりますし、スッと切れ上がる後味がまた杯と箸を進めてくれまする♪

干物「よぉ〜く焼いて」と頼んだら遠赤両面グリルで斯様な仕上がりとなって現れ出たるは、過日、寝屋漁港で買い求めた一夜干しなれど…
何という魚だったか???
確か「○○○オコゼ」という名前だったものの「普通のオコゼとは別物」といわれたはず。
酒同様、しっかり火を通された干物は、乾きかけた表面とうまみが凝縮された感のある白身がうまし。

独活・胡瓜・若布の酢の物。酢味噌仕立てのぬたならもっと良かったけれど、若々しい独活の風味が◎。
独活の残物はきんぴらにされ、これまた酒を進めてくれますな。

明日はまたお酒がどっちゃりやってくるみたい。
しばらく新顔のお毒味に明け暮れるとは思いまするが、その合間にはさむ定番酒の地味さが何ともうれしい新酒時期♪
といいつつ、20BY酒はあれとこれだけ。(笑)


昼燗

露天風呂山形のように全市町村に温泉があるとはいかないものの、こちらも日帰り温泉には事欠きませぬゆえ…
「タオル+バスタオル+部屋着付きで平日なら800円!!」
に誘われて斯様な露天風呂のある某温泉にて骨休めを。

湯上がりはもちろん、ビール♪
さて、昼飯でも…と食事処へいき、どうせ日本酒は期待できないから…キリン・黒星・銀色とある瓶ビール(樽生も黒星だった orz)の中からキリンをチョイスし、お疲れさん♪の( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

しげしげとメニューを見ていたカミさんが素っ頓狂な声を…
「あれ〜、○○○さんのお酒があるよ!? 」「どうせ普通酒だろ?」
「違う違う、この前飲んでいた特別純米だって」「え〜〜〜!?!?」

覆面酒見せられたメニューには確かに先日の掘出し物が…。
しかもグラスで450円、ボトルなら1,800円(720ml・税込)と通常の1.5倍ほど!!
とこれまた十分に破格な値付けですよ。

ダメ元で「これ、お燗してもらえますか?」「酒燗器のお酒は決まっておりますから板長に確認してまいります」
「電子レンジでも構いませんし、面倒なら瓶ごと鍋で煮てもらってもいいですから」
期待を上回る対応ぶりに精一杯の妥協案を提示しつつ、待つことしばし。
「お待たせいたしました。少し熱くなりすぎたでしょうか」
ナント!?!? 白磁の徳利とお揃いの杯とともに出てきましたよ。
「先ほどの瓶はお預かりしておりますので、なくなったらまたお呼びください。冷めないよう都度お燗をつけてお持ちしますから」
このような施設としては、否、居酒屋や割烹・料亭でさえ、なかなかこうまで行き届くことは稀ですのにまったく申し分ありませぬ。これぞ『おもてなし』ですな。

こうなるとアテもうまくなる気がしますから、ふ・し・ぎ♪
気を良くして、昼間から四合瓶の一人飲みを堪能させてもらった後は…休み処で爆睡。(笑)

お湯・設備・食事・酒、必ずどれかに恵まれないものと諦めておりましたし、ここも前回はちとがっかりだったのですが、久しぶりに出かけたらこんなに進化しているとは…。
混み合う週末でもこのような我が儘を聞いてくれるとしたら、1,000円の利用料も少しも高くありませぬ。
当分、風呂へ行くならここで決まりですな♪


現場存在証明

シャリiPhone の “カメラロール” に残っていた画像。

蕎麦屋で “ヌキ” といえば、温かい蕎麦の蕎麦を外した種物だけが出てきますが…
鮨屋のこれは何といえばいいのでせうか。
 
刺身
 
 
 

日付からすると…たぶん、つまみと酒を頼んだものの、臭い不味酒につまみを持て余し、“握り鮨” ならぬ “お刺身の乗ったおにぎり” でお茶を濁そうという苦肉の策だったかと。

頼むから二軒目には誘わないで!! の証拠写真ですな。(苦笑)


東山道中膝栗毛 -其之漆-

鯉川さんを辞した後、大山のお蔵に…とも思いましたが、アポを取っていませんでしたし…
「さて、どこへ行きましょうか」
「昨日、地元の食材が手に入るといっておられた店がありましたよね」
これがこの日の “各駅停車の旅” の振出し♪

お暇したばかりのお蔵へ電話を入れて店の名前を伺い、さてナビナビ…
「あ、ありましたよ」→ ●羽黒あねちゃの店
“あねちゃ” は庄内の言葉で “おねえさん” の意味ですが、平均年齢かなり高し♪ (笑)

おっきなナメコ「これは何ですか?」「それか、ショー●△□※◆☆×@◎#*」
とおばあちゃんの口からいきなり宇宙語が…。「えっ、何の漬物?」
「ショーネーセーセー」「あぁ、庄内青菜、あおなね」「んだ」
色合いからすると「醤油も入れてるの?」「いんや、ショだけだや」
この発酵しかけた頃合いの漬物がしょっぱいけど、実にウンマい♪

それにご覧のナメコ、これで120円なんて、信じられます?
他にも店内は四季折々の食材に溢れ、どれも良心的な値付け。昨夜のお店のスタッフはもちろん、庄内を訪れたあちらこちらのお店が虜になるのも頷けまする。おやぢも近所に欲しい!!

料理の腕は玄人跣の狼亭さんもあれこれ買い求められ、さて、お次は?
鶴岡市内から湯田川温泉の鄙びた湯街を眺めながらまたしてもR345から温海温泉を経てR7へ。
そして「この辺りへ来るといつも各駅停車で」という狼亭さんの言葉どおり…
道の駅あつみにつづき、府屋の地元スーパー山北店へも。
またR345を笹川流れ方面に入り、寝屋漁港の直売所、“新鮮家” へ寄り道♪
「このままだと昼食を食いっぱぐれてしまう」と海沿いを村上まで一目散。
そして…
ラーメン@村上お目当ての店は既に休憩に入ってしまっていたものの、二番手でまたしても “昼ラー” ♪ (笑)

この後、先にこちらでご紹介した “鮭屋” さんやお隣の “酒屋” さん、そして名字帯刀を許されていた老舗の “茶舗” を回り、瀬波温泉から岩船へ。
これより先は終点まで停まらない各駅停車区間の最後はまた地元スーパー岩船店へ。(笑)

R345からR113に入り、信濃川河口の沈埋トンネル “新潟みなとトンネル” をくぐれば、道中も終りに近づく “柳都” 新潟の中心部ですな。

みなとぴあ” へ寄るも「間もなく閉館です」とのつれないお言葉で外回りをぐるり一周。柳並木の堀端をお座敷へ向かうお妓さん方が…だった頃の柳都を偲んでいただいた後は、新潟の老舗 “行形亭” さんをちらりと覗き、その脇にある “地獄極楽小路” から止めの解団式会場へと向かうのでありました。

【つづく】


福豆よりも…

吉方巻バレンタインデイのチョコレートに飽き足らず、近年は節分の “恵方巻” をもブームにしたいコンビニ業界の商魂の逞しさとその意地汚さには、いささか辟易しているものの、先日のスズラン(前橋市)で見つけたこれにすかさず飛びつくあたりは、何だかんだといいつつも彼の毒に侵されている証でしょうか。(汗)

といってもこれ、お菓子です♪ →【吉方巻き源 吉兆庵
肝心のお味は? というと…お土産としてあげてしまったから…
まったくわかりませ〜ん。(笑)


覆面酒さて、これ、今はまだ『覆面酒』。(笑)
決して自腹でサンプルを手に入れたからではありませぬが、これ、掘出し物ですぞ。
ただし…
  この酒の醍醐味をご堪能いただくために、ぬる燗または冷やで
  お召しあがりいただくことをお勧めします
   店主 敬白

という裏貼りはじめ、ちといただけないところが多すぎまするゆえ、これから細部のチューニングを♪
取りあえず裏貼りは…
  この酒の醍醐味をご堪能いただくために、必ず飛び切り燗(55℃近辺)以上に
  燗をつけてから飲み頃まで冷ましてお召しあがりいただくことをお勧めします
   店主 敬白

とか。(笑)

お披露目は…“上巳の節供” を過ぎてからでしょうか。
乞うご期待!!