霜月半ば

雨の朝、外へ出ると、時々、聞き慣れない音が聞こえてきまする。
「はて!? あ、今日は15日か!?」
毎年恒例、鴨猟の解禁日。雨の中、精が出ますこと♪
それはともかく…
久々に日曜と重なった七五三だったのに、日本海側は真冬を思わせる荒天。
楽しみにしていた方々には気の毒な荒模様でした。
お天気さえ良ければ、ピークを迎えたもみじ谷や菊まつりも混み合ったでしょうに…。

年取り酒♪
年取り酒♪

●辨天娘 H16BY 純米大吟醸 “自家栽培山田錦”
今年の年取り酒は…お情に与ったこれ♪
協会9号酵母のはずなれど、余計ものの香りはなく、ギュッと目の詰んだ織物のように滑らかでありながら、しっかりとしたうまみ。滑りの良さと後味に大吟醸ならではの素性の良さを伺わせ、ツルッと喉を過ぎていきまする。
「うまいっ!!」
思わず口をついて出たひと言。(笑)

どちらのお蔵も磨いたお酒(高精白された吟醸・大吟醸)はみなそれなりにきれいですし、味わいも整っているがゆえに…
「ひと癖欲しいところでそれがなくてつまらない」
などと悪口を叩く向きもありましょうが、この良さをきちんと認めてこそでしょうや。
おまけに常に飲むには少々値が張りまするゆえ、毎晩これらを…とはいかなくても、
時には高精白されたお酒の良さを確かめることもぜひ♪

上質を知った上で定番酒を楽しむと…
よりその長所短所がくっきり見え、何がまっとうなのかも自ずと知ることができまする。
「えっ!? そんな面倒なのはイヤですって!?!?」
まぁ、無理にとは申しませぬゆえ、懐具合と探求心に応じてお楽しみくだされたく…。(笑)


三人娘

三人娘ながらも誕生日は二回♪
という奇妙な巡り合せとなった我が家の二番娘と三番娘は先日また一つ歳を重ねましたけれど、
若桜のお蔵からも五百万石と玉栄に続く、三番目の純米娘がやってきました!!
ちなみに…
五百万石といえば、当地にもっとも馴染み深い酒米でもあり、数多の酒を生んでおりまするが、
その地にあって “若桜の五百万石” を贔屓にしてくださる燗星が!?
そう、言わずと知れたあそこです♪ (笑)

三人娘♪
三人娘♪

●辨天娘【H20BY12番娘】純米 “山田錦”
初お目見えとなる山田錦ヴァージョンの純米♪
裏貼りを見やると契約栽培山田錦100%の表示が…。
80%精米ながら契約栽培米を奢るなんて、辨天パパ、太っ腹〜!! (笑)
さらに酒米生産者まで記載されているではありませんか。
「えっ、前田さん!? 若桜町糸白見ってことは…」
あの憎ったらしいほど呑兵衛のツボを突いてくるお蔵の酛師さんをお婿さんに迎えられたあの…というより、一部のみなさまには某がんこ酒屋さんのお義父さん♪の方が話が通じやすい? (笑)
まっとうな日本酒はまっとうなお米なくして造れませぬゆえ、いいご縁が広がっていくのは傍から見てもうれしいもの。
ましてや今年は…当地から彼の地へ酒造りに赴く若者が一人。しかも…
「できたら米作りにも関わりたい」
という奇特な青年ゆえ、ますます以て彼の地が身近に感じられるようになることでしょう。

然れど、肝心のこのおチャケ…
「シブ〜い!! カタ〜い!!」といつもどおりの頑固者。
一応、日本酒度は+9なれど、余計な甘がまったく残っておりませぬ。
中島杜氏らしいといえばそれまでとはいえ、相変わらず遠慮のないこと!! (笑)
ただし…
80%精米とは思えない雑味の少なさ、キレの良さ。
アチチ燗(60℃近辺)から冷まして、ウマヅラハギの煮付けや鰈のソテーと合わせても、何ら違和感がありませぬ。
むしろ薄味に煮付けられたかぼちゃの方が甘さたっぷりに感じられるくらいの素っ気なさ。
睡龍の生酛生詰といい、また放置かぁ〜」
と悩みを増やしてくれるのは実の娘と同様ですわ。(苦笑)

最後に余計なお世話を♪
裏ラベルに記載されている…

お燗をして、食中酒としてお楽しみ下さい。
◎熱燗(50℃) ◎上燗(60℃)

の『上燗(*1)』の温度帯については見直しをぜひ!!


*1:上燗

    最近の定義では、45℃近辺の燗温度をいう


鄙事情

64年目の朝
64年目の朝

川が近い我が庵は朝方に冷え込むと、ご覧のように霧に覆われてしまうことが時折ありまする。
立秋も過ぎ、日が短くなってきたことを感じておりましたものの、「それにしても今日はまたずいぶん薄暗いなぁ。雨?」と表に出やれば、一面の霧。

この夏初めてだっけ?
ひんやりとした空気が気持ちいい朝、いいことあるかな♪

とはじまった田舎ならではの月遅れのお盆最終日。
帰省や旅行ついで、ご近所、「また来ました〜」など、たくさんの方々から鄙の荒屋を訪ねていただきましたが、この日もヒマな店には珍しく「お久しぶり〜」にはじまり、いろいろなお顔が…。
ありがたやありがたや、商人冥利に尽きまする。

●辨天娘 H18BY三番娘 純米にごり酒 “玉栄”
先日、“19BY10番娘” を開けたものの、やはりもう少し練れた味わいが欲しくてこれを。
飛び切り燗(55℃近辺)超から冷ませば、玉栄としては穏やかな酸のうまみに、もうユルユル!!
しかし、700Wのレンジでわずか1分40秒ですから、冬の半分以下!?
寒い時期でもこれくらい待ち時間が短いといいんだけれど…。

豚ハツの塩焼きや細切れの鰻蒲焼きが入った夏野菜の卵とじをアテに “にごり娘” をグビ、グビり〜♪
野菜の煮物や鯖の塩焼きも食べちゃいましょうかねぇ。
となると、おチャケが足りませぬゆえ…
「お代わり〜!!」
までは良かったものの…ふと目が覚めれば、既に深夜!!
「あれぇ、いつ落ちた!?!?」


赤頭巾ちゃん、こんにちは

コワイモノを表す際に使われる『地震・雷・火事・親父』ですけれど、ホントは…
『地震・雷・火事・大山風(おおやまじ:今でいう台風のこと)
だったことをご存じですか?
きっと親父に頭の上がらない誰かが語呂が似ているのをいいことに、置き換えて使ったのがウケて、以来、それが俗説として定着したのでしょうや。
その真偽のほどはともかく、地震と台風、それも同時に見舞われた静岡のみなさまにお見舞いを。

さて、写真はまき子さんのブログ、“ワシントンDC帰りまで飲むな” のネズミに囓られたらしいそれをご覧いただくとして、あのビニールと組み合わされたキャップには幾度となく苦い思い出がありまする。
「あれ、何とかなりませんか?」
と親御さんにお願いしたところ、
「こちらの耳にも入ってきておりますから、早々に」
というお返事をいただき、首を長くして待っていたのですが、先日届いたブツをチェックしようと外側のアルミ製の被せ蓋を外したら…
「あらま!?!?」
睡龍や神亀のような乳白色一色のキャップだろうという予想に反して…

赤いシャポ〜の若桜っ娘♪
赤いシャポ〜の若桜っ娘♪

●辨天娘【H19BY10番娘】純米 “五百万石”
ナント、真っ赤っか!!
おかげでまた太田は太田でも…
太田裕美の「赤いシャポ〜の○の素〜♪」が頭の中でグ〜ルグル!! (笑)

確かこの年から6号酵母になっていたはずで、日本酒度(+9)の割に幅味もありますから、わかりやすいうまみがありまする。
アチチ燗(60℃近辺)にすれば、それに捌けの良さも加わってもう…
グビグビ加速♪ てなものです、

なれど、変人としては…熟成が遅いという難はあるものの、やはり7号酵母のすっきりキレる後味を所望いたしまするゆえ、また親御さんに我が儘をお願いしましょうかねぇ。(苦笑)

定量で終わらせたもののしっかりした飲み応えからか、いい酔い心地でいつの間にやら白河夜船。
「起きてたら電話を!!」という緊急連絡に気づいたのは…今朝になってからでした。
最近、夜は弱いんです。(汗)


Sound of Holiday

ベキ・ツル・ザブ・パラ・グビ
休みだった一日を音で綴ったら、こうなりましたとさ。
って、最後はやっぱりそれかいっ!? と一人ツッコミを♪ (笑)

930kmをワンマンでドライブしてから、目覚めが早かったり遅かったりと不規則。
かつ体調も今イチなため、老体のメンテを。
「何をしたの!? 体中、ガチガチに縮んでいるよ」
とベキバキの圧巻は首(頸椎)を矯正した時に頭の中に鳴り響いた…
グキッ!!
「すごかったねぇ。きっと柏崎中に聞こえたよ」
と笑いながらゆっくりと丹念にほぐしてくれる老師の手に身を委ねること60分余り。
「はい、お疲れさま。今度来る時はあのすごいお酒を持ってきて!!」
とすっかり “変わりどぶ” に嵌った老師♪

出かけたついでに…
あの “冷たいラーメン” は山形だけじゃないのよ♪
実は…こちらでも長岡辺りでは結構見かけるのですな。
とはいえ、かなり久しぶりのことだったので、iPhoneでググるものの、3Gとは思えぬ遅さ!!
インジケーターはしっかり5本立っていながら…ですから、相変らずSoftbankは×!! orz

冷やしラーメン大盛り♪
冷やしラーメン大盛り♪

ようやく通年やっている店を見つけ、「また何か作っている!?!? ますますサティアンだわ」と某蔵元を横目に見るコースで辿り着いたのは、越後にありながらなぜか…『船場(せんば)』というお店。
後からきたお客さんのほとんどが注文する “サッポロ” が知られているらしいけれど、ここは初志貫徹♪
冷やしラーメン大盛り!!
一口すすったら「もり(そば)汁に若干のお酢?」と思いそうな鰹節の利いた脂っ気のほとんどない澄んだスープはもちろん、麺も冷水でしっかり締められ、まるで冷蔵庫に入れられていた薄酒を味わうかのようにヒエヒエなれど、見た目以上のボリュームで満腹♪

せっかくメンテを受けたのだから…と次いでかけながしの日帰り温泉へ。
スープまでしっかり飲んだ冷やしラーメンと雨で冷えた身体をやや熱めの湯で汗ばむまで温めたり、涼を求め、雨中の露天風呂でぬる湯につかったり…を繰り返し、たっぷり1時間で500円♪
「そういえば…」
帰り道にまだ行ったことのない日帰り温泉があることを思い出し、偵察に♪
「へぇ〜、400円なの!?!?」
もちろん貸しタオルなしでしょうけれど、施設もきれいだし、雨の平日だというのに結構な人出。
「今度カミさんを誘って…」
と思いきや、もう休みがありませぬ。(泣)

しかし…レギュラーで127円/Lって!?!?
相変らず長岡のガソリンは、高いっ!!

洗堰【現】可動堰【現】

エンジンを止め、雨の音とCarpentersをBGMにしばし読書♪
その実、またしても少女マンガ!! (笑)
“ALEXANDRITE(アレクサンドライト)” 成田美名子【白泉社文庫】
先日読んだ “CIPHER(サイファ)” の続編ですな♪

三陸土産と鳥取酒の相性は…
三陸土産と鳥取酒の相性は…

昼ラーでも、そして湯上がりでも我慢を強いられましたゆえ、戻るや否や “明治のラガー” で夕ビー♪
さて、今宵の本番は…
●辨天娘 H19BY 槽汲 “割水瓶燗”
「おぉ〜、ようやく…」
ナッツ様にも思える面白い味わいを見せてくれるようになったこの “辨天娘” なれど、三陸の夏の味、ホヤとの相性は…
「一夏の思い出は、よぉ〜く考えてからでも遅くない!?!?」

縁は異なもの味なものを実感しつつ、グビグビり♪ (笑)


きき酒という名の試飲、のち本飲

昨日はまたまたま・ぜらさんが電車でCome!!
運転しなくてもいいならどんどん味を見てって♪
こちらもちょうどきき酒しようと思っていたところだったので二人でジュルジュル。
「めずらしいお酒があるよ」とまずはいただきものから。
●某蔵 岡山雄町 特別純米瓶燗火入原酒 H18BY
「うわっ!?!? 甘っ!!」
「ダメ、これ、飲めない」
次いで届いたばかりのまたまたいただきもの。
●某蔵 山田錦 山廃純米 H18BY
「う〜ん、これで山廃!?!?」
「一応、+11らしいけど、メーターの割りにキレない」
心尽くしのいただきものだというのに、口さがない呑兵衛二人はもう言いたい放題!!
ご厚意を斯様な悪口雑言でお返しし、頂戴した方々には誠に申し訳なく存じまする。(汗)

既にきき酒・発注を終えたサンプルの残り。
●天穏 純米吟醸 “改良雄町” H20BY
「若いけど、いつもよりうまみがはっきりしているし、ベロの上で玉のようにまとまるでしょ?」
「あ、これが玉のような…という味かぁ。確かにそれを感じますね」
●天穏 瓶燗純米にごり “改良雄町七割” H20BY
「こちらの方はベロにまんべんなく広がるでしょ?」
「これが一番いいですね、うまい!!」
とたぶん争奪戦が繰り広げられるであろう、にごりの量は控え目な7号酵母酒に二人とも◎。

「帰りの電車はいつもどおり?」「遅らせてもいいんですけどね」
「じゃあ、飲んじゃおうか!?」(爆)

●某蔵 生酛純米 選抜山田錦 H20BY生原酒
熱燗(50℃近辺)を超えたほどから冷ましつつ…
「あまり生っぽくないでしょ?」「これくらいなら生でも飲めますね」
「火入はたぶん秋にならないと出ないはずけど、これならいいと思う」

箱入り娘♪
箱入り娘♪

●辨天娘 H16BY五番娘 純米 “玉栄”
「どう?」「やっぱ、ホッとしますね」
開け立てゆえ「これが本領」とは言い難いものの、玉栄らしい酸がキチッと利いた酒がスルスルと喉を通りまする。
ワラビの醤油漬・粕漬、ゴーダーチーズなど、冷蔵庫に入っていたありあわせのアテなれど、酒談義をしながら気心知れた同士で飲むおチャケはやはりうまさも二乗♪

今度は電話をくださいな。もうちょっとマシなアテを用意しておきますから。
次の電車までいつもより90分の延長におつきあいいただき、ありがとうございました。m(__)m


お帰りなさい♪

昨日、“鉄人にごり” の変貌ぶりを書きかけていたら「こんちわ〜」という声が…。
「暇な店に、しかも平日のこんな時間に誰が…」と思いきや…
わぁお、「お帰りなさ〜い!!」のま・ぜらさんでした♪

「昨夜のムーンライト越後で…」の初出社後、電車もロクにない鄙の荒屋を早々に訪ねてくださるとは、ありがたやありがたや。「荷物が届くまで寝袋」という毛布代わりの “日置桜にごり” と、徳利代わりの “仙亀かるくいっぱい” を手に、またもやローカル電車で一時間の小旅行。
「来週また♪」ですな。(笑)

別人?
別人?
●辨天娘 H18BY九番娘 青ラベルにごり酒
「あれぇ〜、アンタ、いたんだっけ?」(汗)
遅ればせながらにごり酒コーナーに席を確保したこれを久々のお毒見♪
開け立ての上澄み…「うへぇ〜」
よぉ〜く混ぜても…「うへぇ〜、ダメだこりゃ」(笑)
  日本酒度:+9
 【お奨めのお召し上がり方】
  お燗していただきますと、食中酒としてお料理の幅が広がります。
  ◎熱燗(50度) ◎ぬる燗(40度)

という裏貼りを無視して、アチチ燗(60℃近辺)に♪

「よっしゃあ〜!!」
冷やではどうやっても「酸っぱぁ〜」というほど酸が勝ち、後味には苦さえまだ残るって、確かこれ、来てすぐの頃はその酸と猛々しいほどのパワーがウリだったはず。
まだ先がありそうな予感はともかく…

さすがにあの頃の漲る若さはないとはいえ、冷やではただ酸っぱく感じるだけだった酸と後の苦が、きっちり締まったうまみへとこれまた変わり身を見せてくれまする。
早速、イナダのヅケをアテにグビグビ開始♪
鰤は火を通すか、締めればいいものの生では脂が多すぎて、年寄りには難儀。
刺身にするならイナダかワラサくらいが青魚ならではのうまみも味わえていいですな。
イナダのヅケはグリーンアスパラ・レタスにフルーツトマトと玉ねぎのスライスたっぷりのサラダと和えながら、パクパクムシャムシャ。そこでにごり娘をグビり。
「うぅ〜、堪らん」
おかげで玉ねぎを食べ過ぎたらしく、今朝まで口に名残が…。
じゃことセロリの煮物で口を直し、鶏のミンチを詰めて焼かれたレンコンもうまし♪
となれば、当然、「お代わり〜!!」
でカレーコロッケまでもアテについ飲み過ぎの夜でした。(汗)


愛の手

昨日までの荒れ模様がウソのように穏やかでポカポカ陽気となりました。
濡らせない品物ばかりですから、絶好の配達日和は何よりのプレゼントなれど、
いよいよ秒読みも最終盤。「煮るなり焼くなり好きにしてくれやい!!」の心境ですな。(汗)

そんな親の気持ちを知ってか知らずしてか、「明後日帰るって」と二番娘の言伝てが…。
折しもその日は愚弟一家も帰省するとあって、我が家も束の間の世帯人口倍増期を迎えることになりまする。ならば、自家消費は三倍増となることが確実。
現在進行中の歳末たすけあいに加え、お年玉も先取りさせて!! (笑)

辨天娘 H18BY九番娘 “槽汲瓶燗”青ラベル■辨天娘 H18BY九番娘 “槽汲瓶燗”青ラベル
これまたセピアカラーでの登場は、16ヶ月ぶりの “燗々娘♪”
然れど…『会うは別れのはじめ』と古からの伝えどおり?♪
『此の世の名残 夜も名残』と道行への第一歩ともなりまする。

まぁ、今の今まで残っていたこと自体が奇跡のようなものですから、「ここは惜しみなく飲んでしまい、早くも一番娘の “槽汲” が登場したH20BYの受入準備を調えましょ」と体良く言い訳をしつつ自腹へ愛の手を。(笑)

我が家でも残す一番娘は…
「大晦日・元日も帰れそうにない」と早ギブアップ!?
相変らずヤクザな稼業をしておりまする。(苦笑)

アテは、いただきものの鯖の燻製。余計な脂を熟れた娘がバッサバッサとなで斬りに。(笑)
鰈の煮付けに持越しの鰤と鯛の刺身。
分厚い鰈の切り身は時節柄、脂乗りたっぷりで身離れも良くウマウマ。
一日置かれた鰤と鯛もうまみがよぉ?く回ってくれて…二度うまし♪
歯触りだけの鮮度重視より、やはり魚としての味乗り重視ですな。
麻婆豆腐や口直しの沢庵漬けをつまみながら…
代理娘の「お代わり?♪」と相成った夜でした。:-)


+1/3

クリスマスが終わった途端に寒波襲来。ただいまの気温、−4℃!?
最高気温も?1℃、と今冬初の真冬日となりそうな予報ですけれど、大した手も打たないままにお役所は御用納め。9連休の間にも困窮する人たちは生きていかなければなりませぬ。
金がないのは相変らずとはいえ、寒さをしのぐ家と心身ともに温めてくれるまっとうな燗酒があるだけまだマシでしょうか。
薄らと雪化粧した塀越しに山茶の花が揺れる朝。
彼等ともども何とか年が越せますように。(汗)

2008/12/26 Scene■辨天娘 H18BY四番娘 純米吟醸“玉栄”
■辨天娘 H19BY 槽汲“割水瓶燗”

帰省してきた我が家の三番娘に…
「何か飲む?」「うん」「ワイン?」「いらな〜い」
こやつはビールを飲みませんから拙宅的選択肢の残りは…おチャケ♪
しょうがない、天の恵みのお零れを…。
「日置桜、飲んでいいよ」
徳利を見て目が点。溢れそうなくらいの満タン。
「あぁ〜、またそんなに減らして…」
と思いきや、カミさんとの二人分なら許してつかわす。(笑)

アテは鰤一歩手前の稚鰤の刺身。腹側にはたっぷり脂が…。
青菜・ブロッコリー・もやしのサラダ。カボチャのカレー煮。
昆布と野菜や椎茸の煮物。素朴ながらうまいのですわ。
コゲコゲの伊達巻きも話のタネに、一人増えただけでも十分にぎやか♪


ここ飲み屋かい?酔譚

冬至の夜なのにカボチャも食べず、柚湯にも入らず、ただひたすら呑むべし♪ (笑)

「狭くて、しかも散らかっていても良ければ…」の引っ越してから初の “ここ飲み屋かい?” へお越しくださったのは…
新潟市内長岡市内へはなかなか行きづらい県央組、K茂さん・K崎さんご夫妻。
 

JUS de RAISIN GAZEIFIE Nice couples

乾杯は…「これ、もやしもんで…」とわざわざ掲載されていたコミックス第6巻もご持参いただいた、“JUS de RAISIN GAZEIFIE” の2007。グラン・シャンパーニュ地区のコニャック、ポール・ジロー。そのコニャックを造るぶどう(ユニブラン)を搾ったまま瓶に詰めた無添加スパークリングジュース。世にも稀な珍品とはいえ、アルコールのない乾杯は初めてですな♪
ちなみにお味の方は…「えっ、りんごジュースじゃないの!?」と感じたほど。

まずは “新潟麦酒” の “ゴールデン・ケルシュ”・“ゴールデン・エディンバラ”・“エスプレッソ” に加え、“ブルックリン・ラガー” の四種飲み比べ。
「ビール、苦いのがダメなんですよ」というK崎さんの奥様までもが…
「あれれ、それ、飲んだの?苦いでしょ?」
最もホッピーな “ブルックリン・ラガー” さえも「おいしいんですね」と。
「たぶんホップの苦味よりも炭酸ガスの刺激が苦手なのでは?」「そうかも」
「うまいっ」「泡がきめ細かい」「おいしい」の声を聞きながら、こちらは…
“ジュ・ド・レザン” のユニークな味わいにいたずら心が。
“ロンリコ151” とブレンドすれば、「ラム・レーズンだぁ〜♪」
「バニラアイス、浮かべる?」とカミさんも悪乗り。(笑)

さて、いよいよ本番。「初めて」という “辨天娘” から燗酒の宴に…。
■辨天梅 H16BY六番娘 “玉栄”純米吟醸
■辨天梅 H16BY二番娘 “玉栄”純米
■生酛のどぶ H17BY仕込14号 +9
■鯉川 “亀の尾”純米吟醸うすにごり酒 H19BY
■鶴齢 “美山錦”無濾過生原酒 H15BY
■鶴齢 “山田錦”無濾過瓶燗 H15BY
■羽前白梅 純米梅酒“梅湧水” (18.5詰)

辨天娘 辨天娘
生酛のどぶ 鯉川 羽前白梅

写真を撮り忘れましたけれど、料理はいつもの仕出し屋さんに♪ → 過去の写真
我が家の定番、豚肉・ナメコ・長葱・豆腐の鍋にも純米酒タップリ♪
最後は30年熟成の “黄金みりん” やその柳陰にごりヴァージョンも。
いただきものの “愛宕梨” をつつきながらも話はまだまだ続くのでありました。

K茂さん、K崎さん、遅くまでおつきあいいただき、ありがとうございました。
またやりましょ♪
って、次は本寺小路? (笑)