コワイモノを表す際に使われる『地震・雷・火事・親父』ですけれど、ホントは…
『地震・雷・火事・大山風(おおやまじ:今でいう台風のこと)
だったことをご存じですか?
きっと親父に頭の上がらない誰かが語呂が似ているのをいいことに、置き換えて使ったのがウケて、以来、それが俗説として定着したのでしょうや。
その真偽のほどはともかく、地震と台風、それも同時に見舞われた静岡のみなさまにお見舞いを。

さて、写真はまき子さんのブログ、“ワシントンDC帰りまで飲むな” のネズミに囓られたらしいそれをご覧いただくとして、あのビニールと組み合わされたキャップには幾度となく苦い思い出がありまする。
「あれ、何とかなりませんか?」
と親御さんにお願いしたところ、
「こちらの耳にも入ってきておりますから、早々に」
というお返事をいただき、首を長くして待っていたのですが、先日届いたブツをチェックしようと外側のアルミ製の被せ蓋を外したら…
「あらま!?!?」
睡龍や神亀のような乳白色一色のキャップだろうという予想に反して…

赤いシャポ〜の若桜っ娘♪

赤いシャポ〜の若桜っ娘♪


●辨天娘【H19BY10番娘】純米 “五百万石”
ナント、真っ赤っか!!
おかげでまた太田は太田でも…
太田裕美の「赤いシャポ〜の○の素〜♪」が頭の中でグ〜ルグル!! (笑)

確かこの年から6号酵母になっていたはずで、日本酒度(+9)の割に幅味もありますから、わかりやすいうまみがありまする。
アチチ燗(60℃近辺)にすれば、それに捌けの良さも加わってもう…
グビグビ加速♪ てなものです、

なれど、変人としては…熟成が遅いという難はあるものの、やはり7号酵母のすっきりキレる後味を所望いたしまするゆえ、また親御さんに我が儘をお願いしましょうかねぇ。(苦笑)

定量で終わらせたもののしっかりした飲み応えからか、いい酔い心地でいつの間にやら白河夜船。
「起きてたら電話を!!」という緊急連絡に気づいたのは…今朝になってからでした。
最近、夜は弱いんです。(汗)