昨日、“鉄人にごり” の変貌ぶりを書きかけていたら「こんちわ〜」という声が…。
「暇な店に、しかも平日のこんな時間に誰が…」と思いきや…
わぁお、「お帰りなさ〜い!!」のま・ぜらさんでした♪

「昨夜のムーンライト越後で…」の初出社後、電車もロクにない鄙の荒屋を早々に訪ねてくださるとは、ありがたやありがたや。「荷物が届くまで寝袋」という毛布代わりの “日置桜にごり” と、徳利代わりの “仙亀かるくいっぱい” を手に、またもやローカル電車で一時間の小旅行。
「来週また♪」ですな。(笑)

別人?

別人?

●辨天娘 H18BY九番娘 青ラベルにごり酒
「あれぇ〜、アンタ、いたんだっけ?」(汗)
遅ればせながらにごり酒コーナーに席を確保したこれを久々のお毒見♪
開け立ての上澄み…「うへぇ〜」
よぉ〜く混ぜても…「うへぇ〜、ダメだこりゃ」(笑)
  日本酒度:+9
 【お奨めのお召し上がり方】
  お燗していただきますと、食中酒としてお料理の幅が広がります。
  ◎熱燗(50度) ◎ぬる燗(40度)

という裏貼りを無視して、アチチ燗(60℃近辺)に♪

「よっしゃあ〜!!」
冷やではどうやっても「酸っぱぁ〜」というほど酸が勝ち、後味には苦さえまだ残るって、確かこれ、来てすぐの頃はその酸と猛々しいほどのパワーがウリだったはず。
まだ先がありそうな予感はともかく…

さすがにあの頃の漲る若さはないとはいえ、冷やではただ酸っぱく感じるだけだった酸と後の苦が、きっちり締まったうまみへとこれまた変わり身を見せてくれまする。
早速、イナダのヅケをアテにグビグビ開始♪
鰤は火を通すか、締めればいいものの生では脂が多すぎて、年寄りには難儀。
刺身にするならイナダかワラサくらいが青魚ならではのうまみも味わえていいですな。
イナダのヅケはグリーンアスパラ・レタスにフルーツトマトと玉ねぎのスライスたっぷりのサラダと和えながら、パクパクムシャムシャ。そこでにごり娘をグビり。
「うぅ〜、堪らん」
おかげで玉ねぎを食べ過ぎたらしく、今朝まで口に名残が…。
じゃことセロリの煮物で口を直し、鶏のミンチを詰めて焼かれたレンコンもうまし♪
となれば、当然、「お代わり〜!!」
でカレーコロッケまでもアテについ飲み過ぎの夜でした。(汗)