東山道中膝栗毛 -其之壱-

「庄内へ行くつもりなのでその前後の都合が良い日に…」と年が明けたある日、下総国より入電。
折しもこちらはようやく遅い正月休みを取る予定にしておりましたゆえ、
「ならばいっそご一緒しませんか?」という誘いに応じてくださった酒縁のお一人、狼亭さん。

同年代ゆえ、始まる前から弥次喜多道中必至の旅の振出しに選んだのは…
第二の故郷、上野国厩橋(うまやばし*1)での常店、『つくし』。
「行きますよ〜」の声に駆けつけてくださった地元Kさんとともに、
まずはキリンのクラシックラガーで( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

カウンターに陣取った同世代おやじ三人組+おばさん、突出しのぬたをつまみながら早々に燗酒へシフト。
何をさておいてもまずはこれからの “群馬泉” なれど、いつもの “超特撰” が切れていたため、 “淡緑” と新年ヴァージョンの “初しぼり” の出番。
300mlボトルの山廃特別本醸造原酒 “初しぼり” を『純米原理主義者』の狼亭さんにお飲みいただいてから…
「それ、アル添なんですけど…」と種明かしをする非道おやぢ。(笑)
「えっ、ホント!?」と今一度確かめる狼亭さん。
「聞かされた後でも気づかない。それに、原酒でありながらアルコールの粗さを少しも感じさせないし、いやぁ〜、実にお見事ですな」
とお褒めの言葉を頂戴した本物のアル添酒は、今年も年一回の魔法を見せてくれまする。

地元の肉厚椎茸や鶏の網焼き、金目鯛の一夜干しなどをアテに、お酒は “ひこ孫純米” へ。
お燗の温度を指定しようとするこちらの言葉を遮って、若旦那の口から発せられた
言葉は某漫画風に表記すれば、“狂人” となる…
「これをチンチンに燗をつけて喜ぶなんて、やはりク○ド民族だけだよね」
これにすかさずの反論は…
「極めて純粋な大和民族だと思うよ。ただし、血に酒がかなり混ざっているけど」(爆)

この後…『つくし』のカウンターに何本空いた徳利が並んだことやら…。
帰り際、カウンターの反対端に座る常連さんらしき若いカップルに…
「もうすぐここから我々ク○ド系好みの酒が来ると思う」
という若旦那の一言が翌日からはじまる遠征の結団式を完璧なものにしてくれました。(笑)

ちなみに名指しいただいた先遣隊は…あの “どぶ” です♪

小料理 つくし地図
 群馬県前橋市千代田町5丁目3-2
 Phone. 027-234-0081

【つづく】


*1:厩橋 -うまやばし-
  群馬県前橋市の旧称 → Wikipedia:前橋藩前橋城