澱■すっぴんるみ子の酒 袋搾り無濾過生原酒あらばしり H14BY
冷やで。味は乗ってきたものの、“五百万石” の酒にありがちな後の苦が…。
“鯉川” の純米吟醸ように、これが出ないといいんですけどねぇ。「るみ子よ、お前もか」と気分はシェークスピアの筆になるシーザー(カエサル)。
飛び切り燗(55℃近辺)超えのアチチ燗にしたら、厚みを増したうまみにマスクされるものの、最後の最後で顔を覗かせまする。まぁ、気にしなければ、それですむ程度ですけどね。
しかし…
ラベルのイラストとは裏腹に、相変わらず「ごついっ!!」です。:-)

アテは、豚ロース・葱・ドジョウインゲンの炒め物。
焼餃子にも挽肉が…。
子持ち烏賊また肉が続きますねぇ。
冬の味覚、“子持ちイカ(ヤリイカ)” の煮付け。
ちょっと小さめだけど、ご覧のとおり胴体に卵がギッシリ。もち米を詰めた “イカめし” を食べているかのような気分だけど、こりゃいいわ♪
さつま揚げ・ちくわ・大根・蒟蒻の煮物。
キャベツ・蓮根・ごぼうの炒め煮。
こういう惣菜はホッとしますな。
ホッとしたのはいいけど、図に乗って、またもや「お代わり〜♪」。(苦笑)

■日置桜 純米 “八割搗き強力” H16BY
いやはや、開けて数日なのに、呆れるほどウンマい!!
こういう「安心して呑める」定番酒が姿を消すのは実に惜しいこと。
2001年宇宙の旅“強力” が無理なら他の米でもいいから、このくらいのお酒を何とか復活させてもらえたら…。

オープニングの “ツァラトゥストラはかく語りき” でつとに有名な “2001年宇宙の旅“。
久しぶりに見ましたが、これがもう40年も前の映画だなんて信じられませぬ。難解なエンディングなれど、その映像美は見応え十分。
スタンリー・キューブリックは、やはり “時計じかけのオレンジ” よりもこっちがおすすめ。