すっかり色づいた田圃で、例年より一週間以上遅れて、早生の稲刈りが…。
所々にべったりと稲が寝てしまった田圃も。反収を上げようとスケベ根性で穂肥をやりすぎたのでしょうか。品質の良い米を作って高く売るより、例え安くても量をたくさん穫った方が収入が多い、という今のシステムの欠陥が生んだ現実。
30%もの減反で農家も弱っていますが、耕作されなければ農地も傷んでしまいます。全面耕作の見返りに、反収を抑え、優れた品質の米を生産することが高収入につながる。
米作に限ったことではありませんが、農家の経営安定のためにも彼等のやる気を引き出すシステムに変えなければ、食糧自給率の回復なんぞ望みようがないのでは?

日置桜■日置桜 純米吟醸 “伝承強力” 協会7号酵母版 H17BY
開けて10日余の早過ぎる完飲。X-)
これほどまでにぴったりとツボに填ってくれた酒は、実に久しぶりですな。まさに痛快♪

冷やでも酸による押し味とふくよかなうまみ。加えて吟醸ならではの品の良さが後味に生きておりまする。
飛び切り燗(55℃近辺)を超させてから冷ますと、シャッキリした酸が心地良く、もうウマウマ♪
滑り良く、しかもしっかりとした飲み応えもありますゆえ、定量でピタリと杯を仕舞える。あまりに良すぎてリリーフが思い当たらなかったとはいえ、こういう終り方はなかなかありませぬぞ。
外飲みはさておき、家飲みでも「やめられない、とまらない」とお嘆きの某ご夫妻に!! (笑)

アテは、煮たバイ貝。「肝がない!!」とこぼしながらサッサと食べたのは誰? X-)
豚肉と茄子の煮物が少々。汁たっぷりで、その汁まで啜りながら酒をグビグビ♪
一夜干しの烏賊、胡瓜添え。これはマヨネーズの出番。胡瓜にトッピングし、さらに烏賊に。エンペラとゲソの食感がいいですぞ。
なれど、烏賊の身がないって、どういうこと? X-) 2
小振りで細身の焼き魚は…滅多にお目にかからない魚。
食味に憶えはあるものの、頭が落とされているため分かりませぬ。X-) 3
冬瓜の煮物や冷やしトマトで口を直しながら、杯は進みまする。

アテに “X-)” が三つも並んでしまいましたが…
「許してつかわす♪」
とこの夜は実に寛大。とにもかくにも酒が◎!!
「やっぱ7号(酵母)はいいなぁ〜」
と我が “7号偏愛” 性癖にますます拍車がかかりそう。(笑)

とはいえ、世に7号酵母を使った酒は数多あれども、その良さを上手く引き出した酒は決して多くありませぬ。気難しい酵母を存分に使いこなすのも、すべては造り手の技量次第ゆえ、闇雲な盲信は自重されますように。;-p