今冬初の “長靴を履いたおやぢ” 姿も雪が小康状態になったため、一日限り?
来週はいよいよグラウンド・コートと冬用の長靴で完全装備、という状況が待ち構えておりまするゆえ、その予行演習と思えば湿り気たっぷりの雪との格闘も束の間の予行演習♪
売約済にしてしまったおチャケを抱えての弥次喜多道中となることでしょう。(笑)

しかし、休みだとどうしてこんなにいいお天気になるのでしょ。
薄暗い “ここ飲み屋かい?” に差し込む陽射しが眩し〜い!!
あ、古屋とはいえ一応、UVカット・熱反射フィルムで紫外線対策済みなれど…
もちろん人の為ならず、すべてはかわいいおチャケたちのため♪ (笑)

日置桜 長期熟成純米“山笑ふ” 其の弐■日置桜 長期熟成純米“山笑ふ” -其の弐-
「もしもし、どこを見ているんですか!?」
と職質を受けそうな写真。主役はボケボケ♪ (笑)

“其の壱” から “其の参” まで進んできた “山笑ふ” シリーズなれど、うまみ溢れる “其の壱” の次に登場したこの “其の弐” に「異母兄弟か!?」と顔付きの違いを感じられた方も多かったのでは?
その多くは、良くいえば「すっきり爽やか」悪くいえば「素っ気なくうまみに欠ける」というものではなかったかと拝察いたしまするが、瓶詰め(2007.02)から間もなく丸二年を迎えようとする今に至って、ようやく本来の姿を現してくれるようになった模様。

開け立て、かつ冷やにも関わらず、穏やかな熟成香とまろやかな口当たり。そして、和三盆で拵えた蜜のような上品な甘みを味わわせながらも、その甘みが涼やかにきえていきまする。

喜び勇んで燗をつけましたが、決して煮ないようにっ!!
闇雲に熱くするだけでは、それこそ本末転倒というものですわ。
このせっかくの蜜の味を損ねたら、何のための燗なのかわからなくなってしまいまする。
転ばぬ先の杖で、熱燗(50℃近辺)からせいぜい飛び切り燗(55℃近辺)未満で♪

おかげでたっぷりあったマトンも見る見る腹に消え、鮪の中落ちまでも以下同文。
厚揚げ・蕪・人参・マイタケの煮物やほうれん草槽の胡麻和えもパクパク、ムシャムシャ。
もちろん「お代わり〜♪」ですから、ただの甘々酒でないことはおわかりですな?