さいとうこの写真は、「ここへ来たら当然呑むもの」とまずは前回の仇討ちで “穴子の煮こごり” を頼み、「さて、これに合いそうな酒は…」と物色をはじめた途端、「今日はダメ〜!!」とカミさんからハンドルを握るのを拒絶され、黄昏れモード一色に染まってしまったおやぢの心象風景です。(笑)

良くいえば「縁側で日向ぼっこ」、悪くいえば「ここは地の果て アルジェリヤ」。orz

おやぢにとって蕎麦屋へ行く楽しみの大半は、蕎麦屋ならではのアテで楽しむ燗酒にありまする。ましてやこちらはそのアテのどれもが「やれ呑め、され呑め」と呑み手を挑発することで知られるお店。ここまで来ておきながら大人の愉しみを味わえないなんて、まったく何しに来たのやら。

と普通の蕎麦屋なら凹んだままになるところですが…
「そうはさせじ」と奮い立たせる術を持つあたりが、ただの蕎麦屋じゃない!?

ゆばせいろ■ゆばせいろ
“ゆば刺し” と “梅肉” は想定内とはいえ…
なんと “ゆば天” まで仕掛けてくるとは…。
伊奈にあれども恐れ入谷の鬼子母神♪

蕎麦屋の天ぷらといえば、代表格はやはり海老でしょうか。その大きさや本数を競うような風潮には、少しも惹かれるものを感じないおやぢなれど、この “ゆば天” には仰天。
繊細なゆばのうまみを損なわない揚げ方もさることながら、なんといっても衣が軽やか、かつ、うまい!!
許されるものなら「ゆば天、お代わり〜!!」となること請け合い。
さらにそれを「霙ゆば天ぬき〜♪」などと頼んだが最後…
帰れなくなることを覚悟で呑まなければならなくなること必至!!

『放し飼い』は竹原の某モアイ酒だけでたくさん。

こんなアブナい蕎麦屋を 野放しにしちゃイカン!! (笑)

もりつゆ+豆乳なのにご主人にはこれでもまだ足りないと見え、またしても改造を加えに出かけるんですから。
あなたがもし呑兵衛ならば、くれぐれも…

呑めないときには行くな!! (笑)

此度のおやぢはど真ん中の直球で♪
■十割せいろ
“ゆば刺し” から出た豆乳をもり汁に…。
この宇宙の先にご主人の顔が♪

さいとうさん、どうもごちそうさまでした。
呑めなかったから “穴子の煮こごり” の写真は掲載いたしませぬ。;-p

蕎麦きり さいとう地図
 埼玉県北足立郡伊奈町小室9819-1
 Phone: 048-722-2725
 Open: 11:30〜20:00(平日は15:00〜17:00中休み)/月曜休み