上石神井酔夜譚

いつもは『ひとたび腰を落ち着けたら、そこでじっくり』を旨としておりますが、
久々の外飲みとお江戸の灯りに弾む足取りは、新宿だけで止まりませなんだ。
「明日早いから」「私も仕事だし」と冷めた娘たちが、帰れない二人を残して〜♪
そそくさと帰った後、向かった先は…
急行なら『高田馬場から二つ目』の上石神井♪

焼白子自家製豆腐

この日の “作-ZAKU-” さんはマスターと板前くりさんのレギュラーコンビ。
白子の塩焼きのうまさに「どうしたら?」「鮮度はもちろんですが、ていねいに掃除して洗い、水気をきちんと取るだけ」とくりさんから教わる。なるほど、あの『一に蒸し、二に蒸し、三に蒸し』という究極のフレーズどおり、どんなお酒も “蒸し” で決まるといわれますが、調理もまた “下拵え” がすべてなのですね。

ひこ孫いただいたお酒は…
■辨天娘 H17BY四番娘 純米 “玉栄65”
■辨天娘 H18BY九番娘 青ラベルにごり
■鷹勇 山廃純米50%火入原酒 H9BY
こともあろうにウチでは「呑むなっ!!」指令が出ているお酒ばかり。“作-ZAKU-” さんも大切に売ってくださっているお酒だけを狙い撃ちしたように減らしてしまって、誠に申し訳なく…。

それなのに「これ、一杯いかがですか?」と
■ひこ孫 純米吟醸 “小鳥のさえずり” (98.4詰)
まで出していただいて‥
相変わらずの『居心地の良さ』に呑兵衛おやぢはもうフニャフニャ。
マスター、くりさん、お世話になりました。ありがとうございました。

すっかりごちそうになってお店を出たら、目にはっきり見える大きさの雪が。
久しぶりのお江戸行。余計なものまで連れていってしまいましたかねぇ。X-)

燻、炙、酒。作-ZAKU-地図
 練馬区上石神井1丁目19-9 ハイツアドリバー101
 Phone: 03-3594-5909
 Open: 18:00〜03:00/無休

4 thoughts on “上石神井酔夜譚

  1. 白子、しばらく食べていません。
    下拵えのしっかりした白子が食べたいものです。
    当然美味しいお酒と一緒に(笑)

  2. To りょうさん
    白子、こちらには煮付にもしますが、食べれば当然、酒が欲しくなります。
    ごはんのおかずというより、やはりアテですよねぇ。(笑)

    ただ、昔は知る人ぞ知るの珍味だったのに…
    最近はあちこちに知れ渡ってしまい、♂の鱈が高くなったのはもちろん、
    白子だけが独り歩きして値段がさらに吊り上がっているのは困りものですね。

  3. 遅くなってしまいましたが、
    足を運んでいただいて本当にありがとうございました。
    お逢いできなかったのが大変残念です。

    今日、群馬泉の島岡酒造さんに行ってきました。
    とても興味深いお話をたくさん伺うことができました。

    島岡酒造さんとのご縁をつないでいただいた
    おやぢさまに心から感謝しております。

  4. To りえぞさん
    こちらこそ、酔っぱですみません。ごちそうさまでした。
    今度はお目にかかれるよう、余裕をもって動きます。(笑)

    しかし、今年も太田まで足を運ばれましたか。
    気さくなお人柄ですし、いろいろ教わることも多いし、
    ぜひいい関係を育てていってくださいね。:-)

Comments are closed.