また二日ほど留守にいたしまするゆえ、いただいたコメントも放置となります。
シブ〜いコメントなら、きっと戻るまでにうまくなるはず♪ (笑)

裏貼り先日、「ちと寄り道をば…」でお邪魔したバッタ正宗さんのお店にて…
「ここのお酒、ちゃんと飲んだことがないのでお薦めを1本いただけませんか?」
とお願いしたら…
「生のもあるんですけど、やはりきちんと練れている方がいいでしょ」
とこれを出してくださいました。
おまかせで2,100円(税込)なんて、貧乏人の懐工合を良くご存じで♪ (笑)

それはともかく、お酒、ひいてはお店を選ぶ時、まず最初に何を気にしますか?
お酒の銘柄・予算・練れ具合・飲み頃・合わせる食べ物?
お店の在処・店構え・品揃え・商品管理・お得なサービス?
いろいろあるでしょうが、決め手になるのはやはり人ではないでしょうか。
「この人がいうなら大丈夫」という信頼感は、口先だけの「安心・安全」では決して得られないもの。
ですから、このお酒も裏も値段も見ず、米がどうのスペックがどうの、は一切なし♪
まかせられる『人』がいてこその『店』ですよね。
例え見てくれや利便性に欠けたとしても、その『人』がいればこその有難み。
それを感じ取っていますか?

うわぁ?、書きながら汗が…。おやぢも精進させていただきまする。(爆)


竹泉てな訳で…
■竹泉 純米 “山田錦” (BY不詳)
昨夜、呑むにあたり初めて裏を見やれば…
「ほほぉ〜、原料米は兵庫県産山田錦の70%精米ね」
「えっ!? アルコール度数は14%台なの!?」
15%を割る酒に出会すと損した気分になる貧乏おやぢ。
飲み口を気にしたもの…
「あ、これならまずまず値段どおり、いや、以上か」
と胸を撫で下ろす味わい。飛び切り燗(55℃近辺)を超させると、さらに滑りが良くなり、山田錦の低精白米酒にありがちなもたつきもなし。
酒米の王者、山田錦を奢りながらこの値段とは…
普段呑みにうってつけの佳酒ですな♪

あまりにもスイスイ呑めてしまい、おかげで「お代わり?♪」
この呑み応えというか、満足感と飲酒量の兼ね合いが難しいところ。(笑)

■鯉川 純米吟醸 “美山錦” H16BY
こちら、開けて一週間ではまだまだお目覚めにならない様子。低血圧酒? (笑)