満開♪

満開♪


明日の休みはノンビリ花見でも…

と思いきや、今日から明日にかけての天気予報は生憎の傘マークばかり。
次の日曜は毎年恒例のこんな行事がありまするゆえ、それまで桜が何とかもってくれれば…と思っておりましたものの、週末の好天が災いして一気に満開。早、葉っぱが出てきましたし、その上に雨とあってはちと無理のようですな。

こういう時期ものにはつきものなれど…
お天道様相手に一喜一憂させられる身がいと憐れ。
20BY瓶燗初号

20BY瓶燗初号


●生酛のどぶ H20BY仕込15号+9.0 瓶燗
もう口にされた方々も多いことと思いますが、上澄みだけで試してみられましたか?
しっかり練れてこそのまっとうな酒とはいえ、今だけの味わいもまた格別なものがありまする。今年の瓶燗初号は、含むと走りの瓜を思わせる青臭さの混じった香りが鼻に戻ってきます。その清々しい余韻をゆっくり楽しみつつ、ベロの上ではジュルジュル。
「あれ〜、荒々しさがない!? おまけにこの心地好い香りは…」
思わず新酒であることを忘れそうに…。
よぉ〜く混ぜれば、冷やでもスイスイいけそうですな。

湯気の立つアチチ燗(60℃近辺)から冷ましつつ、グビり…。
「うめぇじゃねぇか、こんちきしょう」(笑)
各々方、ご安心召されよ。今年もいい具合に仕上がっておりまするぞ。

とはいえ、手放しで喜べないことも…。
皆造はまだ先なれど仕込み自体は終わっていますから、緊張が解けた蔵人さんたちが大量に自家消費しやしまいか。
早々となくなってしまった19BYのように、来年もまた…。
加藤杜氏曰く、「自分たちが飲みたい酒を造っているだけや」も結構なれど、仕込みはともかく飲む方は…
どうか程々にしてくだされぇ〜!! (爆)