260kmの彼方なれど、“ゆばそば” につづき、喰うべきものは逃さず♪

桜えびかき揚げ産地

 
おすすめ思いがけず山手通りまで足を伸ばすことになり、昼下りの予定が暮れ泥む頃になってようやく「黒いブツ」の引き渡しを終えたおかげで、またしても燗酒はオアズケ。orz
然らば…
♪ホントはエビ・カニ好きじゃないけどぉ〜
アナタのためな〜ら、せっせと喰うわぁ〜♪

このフレーズを分かる人がいるかどうかはさておき、あの “ゆば天” といい、この生桜エビといい、さいとうさんの天麩羅は…「サクッ」、かつ「ス〜ッ」と油が軽やかで、しかもキレがいいのですよ。そして、桜エビの香りが「フワ〜ッ」ですから。
これに今月のお酒、“鉄人うすにごり” なんぞを合わせたらもう…
お江戸の呑兵衛ご夫妻の二の舞、三の舞♪
甘みを感じさせる鹿児島産十割をいただき、スタコラサッサと逃げ帰りましたけど…
今度は帰り道ではなく、行きがけの駄賃で蕎麦屋であることを忘れさせてもらいまする。
しかし…

♪客にぃ〜客にぃ〜〜なりぃ〜たいぃ〜♪

と嘆く店主にその日は来るのでしょうか。(笑)