Mac ってちょっと使い勝手が違いますよね。
何がそんなに良いんですか?

しぞぉ〜かのお嬢様から問い合わせをいただきましたので謹んでお答えいたしまする。

先ずは、その『見た目』。
何度も紹介させてもらっているように、プリントアウトしたのと同じ品質で表示されるディスプレイのフォント。
これに関して双方の差は歴然ですな。些細なことのようですけれど、長時間使えば使うほど気になりますし、目の疲れも違ってくるように思います。

それ以外にも “Finder” や転ばぬ先の杖、“Time Machine” など “Mac OS X” の諸機能はじめ、Windows OS (XP・Vista) にも対応していますから、どうしても Windows が必要なら双方を使い分ければいいだけのことという、マルチ・ブート(複数の OS が起動できる)環境も魅力的でしょう。

とはいえ、一人一人の好みにも左右されますし、腑に落ちなければそれまで…というのが人の性(さが)というものかと。
折しも リンゴが好きでぃす♪2.0 さんの blog、 “Mac スイッチ組に捧ぐ、Mac と Win の違い” で紹介されていたこちらのサイトをご覧いただれば、公平な視点からの両 OS の違いが浮き彫りにされるかと思いまするゆえ、 PC ユーザであるかどうかや乗り換え云々はともかく、ぜひ一度ご精読くだされ。
もちろん、Mac ユーザも備忘録としてご一読を♪

mac scribbling

ついでに、ちとお先棒も…Apple Japan ウェブサイト ↓