退院してきたK兄の祝いも兼ねて、“ここ飲み屋かい?” の試運転を♪
お身内に不幸があったT兄は来られなかったものの、引っ越して初めての開催。
キッチンの使い勝手の確認やIH用土鍋の慣らしもありましたから、こぢんまりと♪

秋味・祝酒■キリン 秋味
夏以降、大手ではずうっとこれ。来月10日に発売予定の真打、 “明治のラガー” が出るまでのありがたいセットアッパー♪

■月桂冠 大吟醸“祝い酒” (97.12詰)
同社の今はなき “四季の酒” シリーズの一つで、京都の酒造好適米 “祝” 100%で仕込まれた大吟醸酒。本来は新春を祝う正月の酒として出されていたものなれど、何せ “退院祝” ですから…
「うまいなぁ」
と本人が喜んでくれれば、それでいいのだぁ〜♪ (笑)

汚れや老ねもありませんし、上燗(45℃近辺)ほどに冷めてくると、さすが大吟醸。それなりにうまい。
が、なんちゃって純米よりはマシとはいえ、やはりうまさの厚み、または奥行きに寂しいものを感じるのは、実に勿体ないですな。

アテは、鱸と蛸の頭の刺身に出来合いながら…
モツ煮・人参の白和え・ぜんまいの煮染め・ポテトサラダ。
牡蛎・あまんだれ・長葱・豆腐というシンプルな鍋は味噌仕立てで…。
“あまんだれ” はこちらでの呼び名で、標準和名は “ならたけ” という茸ですな。
ナメコよりもぬめりがさらに強く、けんちん汁や芋煮にしてもうまいのです。
折悪しくナメコが手に入らなかったので、少々お高いけれど奮発♪

これにK兄家の蕪の甘酢漬けとH1兄家の海老とほうれん草の中華風炒め物が加わり、
内輪だけの試運転兼退院祝のテーブルは賑やかに…。
「来年は食い倒れツアーにしない?」
という話も鬼に笑われることがない時季になったのですな。

てな訳で、霜月の…打ち止〜め〜♪