師走に入ってもう二週間。昨日は上方でお正月の準備を始める『お事始』だったとか。
小春日和のようなお天気はちっとも暮れらしくないものの、景気だけはとうに寒に入ったようですな。(苦笑)

先日の『ななクセェ〜』について、それぞれの解説を追記してありまするゆえ…
興味とお暇のあるお方はご一読を♪

鯉川■鯉川 純米吟醸“五百万石” H17BY
「あっ!?」
開け立てなのにいきなりハートを鷲掴みされたかのよう。
うまい塩を舐めたときの後味にも似た味わいを感じつつ、玉のように凝縮したうまみとその余韻にしばしひたりまする。
“鯉川” の純米吟醸シリーズ 3アイテムの中で「最もわかりやすいうまみを持っている」と常々思っておりましたけれど、こんなにうまくなってくれているとは…。
あらためて「鯉に恋する」おやぢなのでありました。(笑)

その舌の根も乾かぬうちに飛び切り燗(55℃近辺)でイジメおやぢへ変身♪
これがまたうまいのなんの、思わず二度惚れ!! (笑)

アテは、豚肉・水菜・もやし・シメジ・エノキ・豆腐の鍋。
昆布出汁と塩味の沁み込んだ豆腐をアフアフと…。
次いでスケソウダラの白子の煮浸し擬き。
冬の日本海の味覚、中でも鱈と “鯉川” はもちろんピッタンコの相性ですわ。
里芋・大根・人参に煮物。野菜の甘みが酒と絡んでグビ全開♪
間に白菜の浅漬けをはさみながら「お代わり〜♪」

惜しむらくは…このおチャケ、残りの本数がほとんどありませぬ。m(__)m