ヴィオロンの ためいきの 身にしみて うら悲し

-ヴェルレーヌ作・上田敏 “海潮音” 落葉より-

斯様に俄詩人を増やす季節でもありましょうが、そんなことはお構いなしに老体はせっせとお湯通い♪ (笑)
[nggallery id=2]
ここ、安い上に飲み物・食べ物の持ち込みが自由ですから、実にありがたいのですが…
如何せんジジババ多しっ!!
ましてや平日ともなれば、おやぢでさえハナタレ小僧♪ (笑)

老人向きなのか、ややぬるめのお湯は長くつかるにはいいものの、燗酒同様…
ビシッと締めたい時には今イチなれど、静かですし、知った顔に出会すこともなし!!
と誠に好都合♪

あ〜、明日はまた、あれとかこれが届きまする。詩人を気取るには…
貧乏暇なし!! (爆)