陸羽ぐるぐる -其之七-

旅の大きな楽しみはその宿にありまする。
とはいえ、どこに泊まっても代り映えのない設いや通り一遍の接客にげんなりすることも少なくありませぬ。
その宿ならではのもてなしがあるや否や。
その用意に奔走することが語源となっている『御馳走』はその最たるものでしょうが、山の宿で海の幸を、海の宿で山の幸を、あるいは高価な食材をどこからでも取り揃えさえすれば…は大いなる勘違い。そして、泊まる側もその勘違いに加担しないことですな。
本当の『御馳走』を得ようと思ったら…やはり『口を運べ』に敵わない!?

てな訳で…

もずく酢・わらび・ライチ刺身メカブ肝付きアワビ・サーモンガゼウニホヤ酢焼き物アナゴ饅頭天ぷら

この他にも “蒸しカキ・蒸しホヤ”、“陶板焼”、さらに “一匹丸ごとのヒラメ・ソイの刺身”。
〆の “炊込み御飯・味噌汁・香の物” とデザートの “水菓子” なども出していただいたのですが…
食べるのが忙しくて写真なんて撮っておられませぬ!! (笑)

燗どうことともに持参したおチャケは、訪ねる地に敬意を表して…
●綿屋 特別純米 “ひとめぼれ” H19BY
●鯉川 純米吟醸 “鉄人うすにごり” H20BY

なれど、これまた食べるのが忙しくていつもの半分ほどの酒量でお開きではありましたが…
この山椒亭itachaさんやその発端となったスーパー主婦takakoさんの訪問記でさんざん垂らした涎のリベンジが叶った南三陸のお宿でありました。

民宿 あっつ前公式サイト

8 thoughts on “陸羽ぐるぐる -其之七-

  1. 旅の宿、そして夕飯は、本当に大事ですよね~!
    とはいえ、お風呂と料理とお酒全てが揃っているところは数少なかったりと、
    ほとんどの場合は妥協して「それなり」な所を選んでしまいます。
    せめて持ち込みOKであればなぁ~~。

  2. To まき子さん
    こちらは魚喰いにはたまらないお宿ではありますが、それがすべて。
    建物や風呂はじめアメニティには期待しないでください。(爆)
    とはいえ、下手なお宿よりずうっとマシな家庭的接客と何よりも安価な料金設定で
    旅宿の原点を見る思いですよ。

    持っていったお酒やビールを飲んでいたので宿で頼んだのは…
    ビール、しかも銘柄を指定しながら、大瓶7本だけ!! という阿漕なお客でした。(笑)

  3. こんにちは。
    三陸シリーズ楽しく拝見させていただいています。
    このお宿、やはり行かれたのですね!^^
    なんといっても持ち込みOKが素敵な宿です(笑)
    大瓶7本も?!頼めば十分な気が・・・。
    我が家は二人で1本しか頼まないし(苦笑)

    続き楽しみにしています♪

  4. To takakoさん
    その節はお手を煩わせて、すみませんでした。
    が、おかげでようやく5年ぶりに三陸へ行くことができました。
    前回は「鮎川港前の食堂で朝飯を!!」でしたから、今回は夜のメインで♪
    いろいろとご教示いただき、ありがとうございました。

    次は…常禅寺辺りでぜひご一献!! (笑)

  5. こちらへはご無沙汰しております・・・
    私自身、久々にこのオンパレードを
    拝見して、やはりオンパレードだと・・・
    少々、いらない物も付いてきたりしますが
    (冷凍の蟹足とか、冷凍の枝豆とか)
    それにしても食べきれない・・・・・
    私は部屋に持ち込んで二次会でした♪

  6. To itachaさん
    お出まし、ありがとうございます♪
    此度はそうした冷凍物がなかったので助かりましたが…
    ホヤのおいしさを知らしめようとしたものの今イチだったのか、「良かったら食べて」とわんさか集まり…。(汗)
    オプションの刺身も残ったようですが、二次会をするにも部屋へ戻った途端にバタンキュー。
    あ〜、勿体なや勿体なや。orz

  7. 文章から拝察して、南三陸町にいらっしゃるのですね。
    そこは、庄内町と姉妹都市なんです。
    どこの宿ですかね?メールで教えていただけませんか?
    いずれにせよ近いうちにお邪魔しなければならない町です。

    志津川や鮎川の港。昔、幼少時代に、鯨の解体で赤い血で
    染まっていた印象が。今は綺麗なんでしょうね。

  8. To Tankさん
    おや、奇しくも姉妹都市のおチャケを持ち込んでしまったのですね。
    そうと知っていたら、もっと吹聴してきたのに!! (笑)

    お宿は記事の最下部にリンクをご紹介してありますからご覧ください。

Comments are closed.