二升

■呑録(旧暦6/8)
タイトルから「一升瓶2本も飲んだの?」と思われるかもしれないが、これに五合をつけて『二升五合=ますますはんじょう』と読ませることに倣い、『ますます』と読んでもらいたい。
「紛らわしい?」。そのご指摘もごもっとも。(^^;
『奥播磨 光風水明』(H15.12詰)
奥播磨シリーズのボトムエンドに当たる本醸造。良い練れ具合で熟成香を纏いはじめた。フワッとうまみが広がり、捌けも良い。が、惜しむらくは余韻に乏しいこと。最後の最後にアルコールが浮くという、アル添酒の弱みが露呈してしまう。
とはいえ、薄酒の地の本醸造とは一線を画している。まっとうな純米酒にピントを絞り込まない時だったら、1,950円/1800mlという値段も含め、もっと高い評価をつけただろう。
熱燗(50℃近辺)から冷まして上燗(45℃近辺)を下回った辺りで、軽快な滑りと喉越しを堪能する。
肴は、豚肉生姜焼。最近、肉責めだから、そろそろうまい焼き魚でも所望したいところだ。おから。色も濃く、かなり強めの味付け。干し蝦が香ばしいが、出来合いか。
胡瓜で口を直しながら肉をパクついている間に、スルスルと滑りの良い酒が終わってしまった。
ふぅむ、満足感が今イチ。せっかっくの休みだし、ここは当然、追加でしょうよ。
『鷹勇 山廃純米酒50% H9BY』
やはり50%は格が上。味の汚れや変な癖・老ねを生もと(系)らしさと勘違いさせる山廃にはない、上品なうまみが身上だ。
また、安定感も抜群。いつ飲んでもブレないうまみは、定番酒として必要不可欠な要素の一つだろう。
「ん!? メンチカツに茶色のソースが…」。何かと思ったら、酢・味・噌。おひおひ、久々に婆さんの奇天烈メニューかい…。orz
悲惨な味を想像しながら恐る恐る口に…。「おや、それほど悪くないじゃない!?」。酢が脂っこさを抑えてくれるし、味噌は和風ソースだと思えば塩っ気が加わり、これはこれで目先が変わって面白い。
山廃はこんな肴も上手くあしらってくれるが、悲しいことにこれも完飲。
専有スペースがだいぶ縮まったため、角は少々引っ込んだ模様。
しめしめ、また増やせるぞ。(^^;


iPhoto 5.0.3 Released

iPhotoの最新版、5.0.3が公開された。
iphoto503.jpg
その他にも下記のアップデータが公開されている。

  • DVD Studio Pro 4.0.1 Update
  • Final Cut Pro 5.0.2 Update
  • Final Cut Studio Updates
  • Soundtrack Pro 1.0.1 Update
    ダウンロードは、こちら、もしくはSoftware Updateで。


  • 休日前夜

    ■呑録(旧暦6/7)
    久々にゆっくり飲みたい気分で酒を漁ると、どれも定量に足らない残量。orz
    しょうがなく二種混合と相成った。
    『大七 純米吟醸 皆伝』
    開栓1ヶ月超。殊更変わったようには思えない。上品で落ち着いてはいるものの、生もとらしい押し味は薄れてきたようだ。
    肴は、鮪赤身、冷凍物らしく、やや水っぽい、×。羊焼き肉、買い置きの処分策か、肉の味に乏しい、×。
    スタートから躓きっぱなしだが、「もったいない」を知る歳として、それでも残せないところが…。orz
    馬鈴薯とエノキ・玉葱の煮物に救いを求め、次の酒の準備を。
    『小笹屋竹鶴 番外編 12BY』
    色もたっぷり。甘みを酸が引き締め、余韻も長い。練れた味わいとはこのことをいうのではなかろうか。
    休み前ということで定量を超えてしまったものの、肴には恵まれず、食より飲が勝ってしまった夕食。
    竹鶴の余韻で矛を収めた夜だった。


    バイリンガルな酒

    ■呑録(旧暦6/6)
    モヤモヤしてると記憶まで鈍になってくるようで、びっくりするものもあったのに、翌日になるとものの見事に欠落している。ここしばらく、そんなことの繰り返し。orz
    『綿屋 純米原酒 山田錦65(15BY)』
    さも原酒であることを主張するタイプではない。穏やかな含みときれいな酸、軽快な後切れは、綿屋の酒に共通する特長。
    燗はせいぜい熱燗(50℃近辺)までにとどめた方が無難。上燗(45℃近辺)からやや下がった辺りで楽しみたい。
    冷や同様、穏やかな当たり。割水したものと同価格だから、こちらの方がお買い得に思う。
    先日も綿屋倶楽部のトマトソースとの相性の良さに驚いたばかりだが、ここの酒、本当に洋食との相性が良い。
    鰹のタタキとも無難に合うのだが、かなり久しぶりのカレー(チキン)と合わせたら、カレーのエッジをピシッと立ち上げ、軽快ながら酒の味もきちんと伝える。
    外見は優男でも、芯は骨のある奴だったことに気づかされた気分。
    味たっぷりのトマトがそのままで恰好の肴に…。いやいや、こんな酒も珍しい。
    もし中華にも合ったら、BilingualどころかTrilingual?


    60%の純米は、さらに酸の立ち上がりが豊かなので、興味津々なんだけど…
    3,300円/1800mlだからなぁ。
    今なら山田錦、雄町は秋から暮れまで待って、というところか。


    小暑前夜

    ■呑録(旧暦6/1)
    旧暦水無月の入り。何を勘違いしていたのか、『小暑』に飲むはずだった酒を…。
    『鯉川 純米吟醸 亀治好日(15BY)』
    瓶を見たら、ぐわぁ〜ん!! 一合まで残っていない。orz
    しょうがなく、燗がつくまでの冷や飲みに供する。
    穏やかな香りと素直な味わい。惜しむらくは燗をつけた時ほどの強さと伸びがない。
    まぁ、まだ硬い酒だから、こればかりは致し方あるまい。この酒を飲むなら、絶対に燗酒だ。
    『綿屋 純米酒 綿屋倶楽部<黄色>(16BY)』
    開栓時ほどの華やかさはない。若い酒ゆえ、ふくらみや伸びより硬さが勝ってしまうものの、軽快な後キレで、食中酒としての素質は十分あると思う。
    欲をいえば、味にもっと幅が欲しいが、こればかりは時間が経たないと…。
    肉じゃが、揚げ茄子、ほうれん草の胡麻味噌和え。またかと思ったら、この日は白胡麻+仄かに生姜の風味がつけてあった。茹でたブロッコリー、トマトはもう定番。
    代わり映えしないが、これはこれで家庭の味。休日の晩をホームグラウンドで寛ぐにはおあつらえ向きか。


    しみじみ

    ■呑録(旧暦5/28)
    前の晩は気疲れから珍しく休燗日。小腹の空きを抱えたまま朝まで爆睡してしまった。
    となれば、今宵は燗酒らしい燗酒を。が、また帰りが遅くなった。orz
    『鷹勇 山廃純米酒60% H9BY』
    50%とどちらにするか迷ったが、味の多いこちらを熱めの燗に。
    いつものことながら、燗を待つ間に冷やで一杯。
    さすが熟成純米。開栓からひと月以上経ってもダレることを知らない。いや、むしろまとまりが良くなってきた。
    アチチ、アチチ、素手で持てない。orz
    やはり燗向きの酒。きちっと締まった味わいに仕上がった。
    飛び魚のフライを肴に遅い夕食をはじめる。焼茄子にほうれん草のゴマ和え、冷やしトマト、焼餃子。冷えた焼茄子があま〜い。
    冷ました酒が練れたうまみを口いっぱいに広げ、するりと喉を過ぎた。ふぅっと酒が体に回るのを感じる間、口には長い余韻が残り続ける。これを滋味と云わずして何としよう。
    いつものように一時間余りかけての夕食。
    遅くなった時は早めに切りあげてといわれているけど、腹をふさぐだけのエサや酔えばいいだけの酒にしないためには、これくらいのゆとりが必要ってものさと、身勝手な理屈をつけて引き延ばす。
    ヤバい、角が……。退散、退散。(^^;


    そろそろ

    まだ持って帰っていない酒があることを思い出した。
    オリーブオイルと酢(ウチではバルサミコ酢の代わりに、熱を加えても当たりのやわらかな富士酢(飯尾醸造)の柘榴酢を使う)を使った料理に合わせたい一本と、もう一本は、またもやにごり(火入れ原酒)。16BYとはいえ、もう一月半もサーバの熱がこもる足元で苛められている。
    前者は山田錦65%の純米原酒の15BY。きき酒ではなく、実際に飲んでみてどうかを確かめようかと。
    ここの酸の出方は実に面白いから、きき酒ではかなり良い点を取れるはず。が、喉を通さないと分からないのが酒。期待値が高いだけに、どんな答えを出してくれるか。
    後者は原料米不明。精米歩合70%の純米原酒にごり。ここの酒は以前にひと舐めさせてもらった時、品の良い含み香と清々しい味わいが好印象だった。五百万石もこういう酒になるのかと感じたものの、ほとんど未知。今回のにごりがどんな顔を見せてくれるか。これまた興味深い。
    う〜ん、いつ楽しもうか。


    深夜のにごり

    ■呑録(旧暦5/26)
    いつもよりだいぶ遅れ、夜食といってもいい時間の夕食に選んだのはこれ。
    『初霞 生もとのどぶ 16BY春火入れ』
    開栓から3ヶ月半。冷やでもまろやかで、いきなり味を感じるまでに熟した。生もとらしい、あの乳酸菌飲料のような香りが心地良い。
    お約束どおり飛び切り燗(55℃近辺)を超える燗に。瓶燗だから泡の出は少ないが、生だったら…。
    冷ましながら口へ。「染みるなぁ」。どこかのCMじゃないが、体が素直に受け容れてくれるのは外連味のない造りゆえだろう。口開けに比べたら、その持ち味が前面に出ており、心地良い飲み口で、つい飲み過ぎてしまいそう。
    鮪の山かけ、明太鰯の焼き物に椎茸と野菜の煮物。茹でたブロッコリーや甘酢漬けのキャベツで口を直しながら、酒を喰らう、あるいは米を呑むといっても差し支えないようなどぶが、すうっと落ちていく。
    時計の針は12時を回っている。「明日はまた早朝から一日バタバタかぁ」。ならば深酒は禁物と、かろうじて定量を守った夜だった。