西方見聞録 “跋”

R29若桜からR29で兵庫へ抜け、中国道・名神・北陸道経由で720km弱を走りきれば、いよいよ旅の終わり。
ETCの “深夜割引” を使うために、富山からはアクセルを緩めて無事30%offを適用。
1万円を超える通行料金(往路15,500円・復路12,900円)の30%は、貧乏人にはでかいっ!!

“竹原編”・“鳥取編” の本編に “番外編” を加えた全10話。我ながらよくぞ書いたと思いますが、それにおつきあいくださったみなさまも、まぁ、暇人というか何というか。(笑)

今回もたくさんの方々のおかげで実に収穫の多い旅となりましたが、その最たるものは、やはり元気でしょう。ここだけに閉じこもっていたらどんどん “陰” に流されてしまいますから、いただいた “陽” の気が何よりのエネルギーになってくれます。
お目もじをいただいた皆々様、たいへんお世話になりました。
あらためて心からお礼申しあげます。ありがとうございました。

【お終い】

9 thoughts on “西方見聞録 “跋”

  1. 大傑作が完了しましたね〜。
    スゴイ読み応えありました。でもおかしいなぁ、ヒマじゃないハズなんですが(笑)。
    これを糧に、また頑張ってください!!
    でも私にとっても色んなところへいくのって「陽」という感じがします。
    もちろん新潟へ行くことも!

  2. >まき子さん
    元気をもらってきたとはいえ、これだけ長いと、さすがにちと息切れが…。(笑)

    "まっとうな酒"の縁って、ホントにいいですねぇ♪
    今月もゴソゴソ画策中。:-)

  3. じっくり拝見しました暇人でございます(笑)
    今週末、西方に向かいますので、とても参考になりました!
    鳥取編、もう一度読もうかなあ。

  4. >maboさん
    あらま、S蔵さんのツアーですか? 🙂
    今年は鳥取も暖かいですから、移動も楽ですよ。
    楽しんできてください♪

  5. 休みなんていつになっても取れないかなぁと思ってましたが、
    いつか必ず蔵巡りいってやるぞと、この様なステキな記事を読む度に心に誓うのでした。
     いやもうねチビ等早く育ってくれて構わんよとw

Comments are closed.