Scene真っ赤に燃〜えた♪
ご覧の蔦を街中で見かけたので、パチリ。:-)

もうすぐ待ちに待った「酒エロスゼミ at 柳都」ですからねぇ。年に一度の出張講義とあらば、この蔦に負けず劣らず燃えなければなりますまい。
もちろん、とっておきの “生酛” での実習も。
灰になったら…誰か拾ってくだされ♪ (笑)

といいつつ、またしても娘♪
しつこいっ!?
という叱責が聞えてきそうですが、二番を出して三番を出さない、ってのは片手落ち。
たとえ親バカと笑われようとも、それが親心ってものじゃありませんかねぇ。

辨天娘■辨天娘 H18BY三番娘 純米 “玉栄65%” にごり酒
ところが、ウサギ小屋の隅っこに長らく放置されていたことに拗ねてしまったのか、「味はどこへいった!?」のコマッタちゃんに…。
玉栄の最初の飲み頃を過ぎてしまったか、と育児放棄を反省。もちろん、しばらく時間をおけば聞き分けのいい、いつもの娘に戻るのでしょうが、生憎と300ml瓶ですから…
「季節外れの白酒かなぁ」と苦笑しつつ、ペロッと完飲。

「こちらのベロがおかしい?」と試しにもう一つ選んだのがよりによって…

■生酛のどぶ H17BY仕込16号 +12.0
メーターの数値は19号に譲るものの、「ひょっとしたら17BYの “どぶ” ではもっとも分かり難いかも」をチェックしてみようと持ち帰っていたため、またも…
「味がないじゃない!?」を繰り返す羽目に…。
こちらは当然、しばらくの放置が決定っ!! まったくもってもう………。
割水燗をしてみましょうかねぇ。(-。-) ボソッ

まぁ、こんな日もあるってことで、気を取り直しましょ♪ (笑)