裏貼り二番娘・三番娘の誕生日を祝う酒は…
これまた偶然、二番娘♪
三番娘は…長幼順で出番待ち♪

若桜の親御さんの目に入れても痛くない愛娘の一人ゆえ、悪い虫がつかぬよう大事にしまってありました。
って、金もないのに…
しまったままでいいのか!? (苦笑)

実の娘たちは虫がつこうがつくまいが、どうせなるようにしかなりませぬ。
子を持って知る親の気苦労なれど、取りあえず祝酒の口実にはなってくれますな。

辨天娘■辨天娘 H18BY二番娘 純米 “五百万石65%” 槽汲生原酒
涼冷え(15℃近辺)に置かれていたにもかかわらず、生老ねは気にならず。届いた時からのマクワウリの香りに蜜を思わせる香りが加わり、匂いを嗅いだだけで濃密なうまみが口に溢れてくるかのよう。
さっそく冷やジュル。まるで完熟マクワウリ!!
五百万石のお酒にありがちな後の苦もないし、予想どおりの濃いうまみに燗へ直行♪

湯気が出るほどに燗をつけても、気になる生臭もなく、ひたすらウンマ〜いっ!! しかもうまみがだれることなく、キレてほしい時にはしっかりキレる、となれば…
これはもう、グビグビモードしかないでしょ!? (笑)

アテは、ロールキャベツ。スープには青梗菜とエノキ茸が煮込まれています。
化学調味料などの添加物が気になる麻婆春雨。X-)
持越しの鮭の煮付は、汁のうまみが染み込んで、ますます酒をすすめます。
切り昆布の煮物は昔懐かしい味わい。蕪の糠漬けはコリコリと歯をくすぐって…。

遅れてきながら「何か飲んでいい?」と宣うカミさんには…
「鷹勇(純米吟醸 “強力の郷” H13BY)があるよ」としらばっくれ、父権行使♪
といっても、「なんだか寒気がする」というのに常備薬 “どぶ” を切らしていたため、次善の策として熟成酒をすすめたまで、であって…
決してケチった訳ではありませんからぁ〜。(笑)