レンタルスペースでの手づくりの会ですから、当然、撤収作業も自前。
夜の10時を回った古町通を台車に酒の6P箱×3箱や燗どうこを乗せて押し歩く姿は誰の目にも『こんな遅くまで配達しなきゃ喰っていけない憐れな酒屋』と写ったらしく、一般人は迂回させられている工事現場も「どこまで行かれるのですか?今通れるようにしますから」と警備員さんもチョー親切♪ (笑)

持ち帰る道具を車に積み込み、残った酒と仕込水を6P箱ごとぶら下げて…
「お待ちどおさま〜」
と暖簾をくぐった後は先発隊並びに二次会組と合流して…
「すっきりさっぱりと竹鶴でスタートしますか?」(笑)
といいつつ、オーダーは…
「辨天のアチチ燗(60℃近辺)!!」(笑)

●辨天娘 H18BY一番娘 純米 “自家栽培五百万石”
●群馬泉 山廃酛純米酒
●小笹屋竹鶴 宿根雄町純米原酒 H18BY
●睡龍 生酛純米酒 H17BY
●生酛のどぶ H18BY仕込18号 +20.5

こちらの燗酒のオススメの中から『変な酒』ばかりをエンドレスで深夜まで♪ (笑)
「10時から貸切りにしておきますよ」
いつも我が儘をいってすみません!!

ベッドの隣♪ (笑)

ベッドの隣♪ (笑)


■そばきり酒房 “吟” -ぎん-
 新潟市中央区東堀通8番町1429-2 〒951-8065
 phone: 025-224-7181
 18:00〜02:00 日曜・祝日休み

遅くまでおつきあいくださったみなさま、どうもありがとうございました。
いつになるかわからない次回もまた、ヨ・ロ・シ・ク♪
またもやお世話になりましたの畔上さん、まっちゃん、○○ちゃん(*1)。
来週また行きます!! (笑)


*1:○○ちゃん

    お名前を聞き損ないました!! ご存じの方はお知らせを♪
    って、もはや草食系を通り越して、専ら流動食系!?!?! (爆)