貸切り「うわぁ〜」
表に掲げられたこのボードを見た途端、思わず声を漏らしたのは…恒例となりつつある新潟ツアーで今年も訪ねてくださった石川杜氏(竹鶴酒造・広島県)。こちらもつられて…
「わぁお〜」

「七面倒臭いのは抜き。ゆるくやりましょう」とお伝えしてあったのに、“吟” さん、設えからして気合いが入ってます!!

竹鶴それもそのはず。先月、竹原で開かれた “呑切会” に初参加された興奮まだ冷めやらず、といった顔付き。
「一応、こんな感じに」と用意された席は12名ほど。
何しろ『ゆるく』ですから、「はじめちゃいますか、どれからいきましょう?」と石川杜氏に尋ねる “吟” の主、畔上(あぜがみ)さん。
左から…
■小笹屋竹鶴 生酛純米原酒 仕込14号 H18BY
■小笹屋竹鶴 生酛純米吟醸原酒 H18BY
■小笹屋竹鶴 生酛純米原酒 仕込13号 H18BY
■小笹屋竹鶴 生酛純米原酒 仕込15号 H18BY
■小笹屋竹鶴 純米原酒-宿根雄町-H17BY
■小笹屋竹鶴 純米原酒-大和雄町-H15BY

ずらり居並ぶ“竹鶴”の生一本、“小笹屋”シリーズから杜氏が選んでくれた“大和雄町”で…
かんぱ〜い♪

やがて席が埋まり、急遽椅子を追加したにもかかわらず、この後も来るわ来るわ。
しょうがなくカウンターに退避したおやぢにつられて野郎組が…。
どうせなら乙女組に来ていただきたいところなれど、うら若き美女から熟女まで杜氏の側を離れようとしませんから、燗酒談義でもしましょうか。

途中、或るお姉様から「新潟の酒ほど淡麗辛口の酒はないですよね?」と擁護的質問が…。
「いいえ。概ね辛口でしょうが、決して淡麗ではありませんよ」
その訳をあれこれ説明するけど、どうやら腑に落ちないご様子。
「論より証拠に…すみませ〜ん、睡龍の生酛純米をアチチで!!」
“吟”さんで出されているH17BYをお酌して、飲み込んだ頃を見図り…
「いかが?この甘を廃した芯の味こそが淡麗、かつ醍醐味というに相応しいでしょ?」

それにしてもあっちのテーブルは盛り上がっているなぁ〜。

参加者 -1- 参加者 -2-
参加者 -3- 参加者 -4-

当初の『ゆるくゆるく』はどこかへ吹っ飛び、燗酒不毛の地であったはずの柳都の夜にこの一角だけは「とても新潟とは思えませんな」と敏夫専務ならいったにちがいないほど『熱く熱く』燃えあがり、次から次へと燗酒が乱れ飛んでいたのでした。

チーム吟此度の一切をおまかせしたチーム “吟” のスタッフ。中央が店主の畔上さん。
先日の “呑切会” に参加するため、営業を終えたその足で広島まで走りきったのもこのお三方。
「来年もまた車で行く?」
と畔上さんに問うたら…
「車じゃ絶対にイヤだ!!」
とコリゴリ顔で。(笑)
そして、用意してもらった酒がすっかり空っぽになる頃、十割蕎麦を手繰ってお開き〜。

これで終りかと思いきや…でも、つづきは書きません。(爆)

それはさておき、このたびも “吟” さんにはたいへんお世話になりました。
足を運んでくださったみなさま、そして石川杜氏にも心からの感謝を。
ありがとうございました。m(__)m
また来年も…ユルユルアツアツ』で♪

■そばきり酒房“吟”
 新潟市中央区東堀通8番町1429-2 〒951-8065
 phone: 025-224-7181
 18:00〜26:30(02:30) 日曜・祝日休み