雨後の…

筍当然、“月” ではありませぬ。ご覧のとおり “竹の子”。
「今年は遅い」とか「出が悪い」とかいわれており、ウチも確かに出るところと出ないところがあるものの、出てきたものは先日来の気温と適度な雨ですくすくと育ってくれて、ここが一番の密集地。

親竹が枯れない内に、しっかりした子竹が出てくれないことには、せっかくの竹も絶えてしまいますが、あれもこれも残せば竹藪になっちゃいますし、そのためにも、どれを残すか、それが問題。

と、こちらが “竹の子” で頭を悩ましている時、“竹” を飲み尽くさんとする猛者たちがあのお店に集結、との情報が…。

竹鶴口惜しいから、こちらも “竹” 違いで追随。
800km彼方とのシンクロナイズド グイミング♪ (笑)

■清酒竹鶴 純米吟醸生酒 “初しぼり” H18BY
涼冷え(15℃近辺)放置で熟成が進んだとはいえ、さすがに開け立て。“竹鶴” らしからぬ繊細さときれいさ。(笑)
あの猛者たちに出だそうものなら、あっという間に一升瓶が空になるはず。:-)

アテは、「つくれ!!」とこれ見よがしに出してあった豚肉の生姜焼。まぁ、フライパンで焼くだけですけどね。
鰹のタタキ。鰹はタタキよりも刺身がいいのにぃ〜。orz
付け合わせ兼の青紫蘇・レタス・玉葱もムシャムシャと。
南瓜の煮物やグリーンアスパラも食べましたっけ。
記憶があやふやなのは…きっとお代わりのせいでしょ♪ (苦笑)

コメント

  1. りょう より:

    シンクロしていただけましたか(笑)
    濃厚で楽しい一夜でした。

  2. おやぢ より:

    To りょうさん
    しっかりとシンクロさせていただいておりましたよ♪
    最近、濃い宴会づいていらっしゃいますこと。(笑)

Top
タイトルとURLをコピーしました