タイトルの伏せ字に何を期待しました? (笑)

二つ前の “どっちのどぶショー” でこのお酒のことを書いたら、小森谷嬢から「20の%割水後、60℃で燗せよ」という指令が下りましたゆえ、早速チャレンジ♪
実は…家飲みでの “割水燗” は、これがハ・ジ・メ・テ。

生酛のどぶ ■睡龍 生酛のどぶ H17BY仕込20号+11
まずは愛用の正二合徳利にいつもの杯で一杯半、約70mlの水を注ぎ、開けて数日、冷やではまだ厳つい “どぶ” で満たしまする。
焼酎もですが、割水する場合は、必ず水が先、酒が後。
先水後酒』と憶えておきましょ♪
これを700Wで2分30秒ですから、指令よりはちと高め。X-)
すると…

「ひょえ〜っ!!」
あらあら不思議、あら不思議。
あれほど厳つかった “どぶ” が口当たりもやわらかく、ふんわりと…。
そして、軽やかなれど薄さを感じさせずにスルスルと喉を通った後は、きれいな引き際。そして、ストンと腹に収まるではありませんか。
さすがは『燗付師』の異名を持つ小森谷嬢。
そのお酒に見合った飲み方を見抜く目はますます冴えを増しておられまする。

アテは、新秋刀魚の香草煮。皮目はピカピカと輝き、脂も程良く抜けて、身はしっとり。
牛肉・里芋・シラタキの煮物は煮汁たっぷり。薄味の煮汁も啜りながら “どぶ” をグビグビやれば、そこは『飲むごはん “どぶ” 』の独壇場♪

ただ、こうした効能を目の当たりにしても割水燗は…あまり所望ではありませぬ。
量を飲まなければ満足できないという齢でもありませんし…。
それに、そもそも製品として蔵出しされるからには、そのお酒を味わうに最も適したアルコール度数として意図されたものでしょうから、濃ければ濃いなりに、薄ければ薄いなりに。さらに、重ければ重いなりに、軽ければ軽いなりに、その時々の体調やアテに見合ったお酒を選ぶことをこそ楽しみたいと…。もちろん、締まりとキレを併せ持ったまっとうな酒であることは云わずもがな。
と根っからの強欲おやぢ。(苦笑)

とはいえ、緊急避難策としての使い途があることも知りましたゆえ、折々に応じた使い分けも楽しみたいと思いまする。そして、それを教えてくれた小森谷嬢に感謝♪
どうもありがとうございました。_(._.)_