空き瓶巷が仕事を納めた翌日に襲ったドラムカートリッジの交換時期到来から、窮状を凌ぐ代替プリンタの設定で躓き、とうとうハードディスクのフォーマットとOSのクリーンインストール後の再セットアップにまで発展したPCトラブルに振り回され、年賀状の続きどころかコメントも放置したまま、寒に入って一週間が過ぎまする。

今どきWindows98SEなんぞを使っているからでしょうが、かといって8コア化されたMac Pro、いくら速くなったとはいえ、貧乏酒屋にはとても手が出ませぬ。
しかし、初めて買ったMacintosh Ⅱsiは、CPU: 2×3.2GHz Quad-Core Intel Xeon・RAM: 4GB(4×1GB)・HD: 2×1TB 7,200rpm serialATA 3Gb/s・Graphic card: NVIDIA GeForce 8800 GT 512MB GDDR・Optical Drive: 2×SuperDrivesにした最新Mac Pro並みの値段だったんだから、あの頃はよかったのね。(苦笑)

またもやいただいた賀状をネタに…。
木曾の佐藤阡朗さんの43回目となる『たらの芽通信』を拝借いたしまする。

徒弟制度・マイスター制度

 今年一年のあいだに、二十代、三十代、の若者五人ほどから、私と同じ様な仕事をしたいとの希望を聞いた。直接つよく訴えられると辛いものがある。
 私が徒弟に就いたとき、二十三歳で師は六十四歳、丁度よく似た年回りである。しかし、時は大きく動き、世の姿はかわった。職業訓練校、専門学校、大学、短大の工芸科、産地における漆芸学院等々、皆さんそれぞれに関わり勉強し毎年々々社会に出る。そのとき、もし間違ってその若者が、『すぐれた職人に成りたい』等と稀な了見をもったら、そこから此の日本に道がないことに気付かされる。
 私たちが徒弟制度最後の弟子だった。住み込み、師と共に生活し、職人の一年間のリズムを体得し、暮らしの雑用をこなし、兄弟子、外弟子、出入りの職人、取引先への対応をまなぶ。大変なのは、お上さんや家族への気遣いと作法であった。
 今はもうない。人と腕を作る場が無い。マイスター制度も手仕事職人に未来がない今、国が造るわけも無い。腕を振るう数の仕事が無い。此の国の生活工藝文化を『無駄の無い美しい身のこなしで手際よく確かに、適正な価格で』生み出す世界に身を投じたいと願う愛すべき若者を、受け取れない自分が悔しくなさけない。私たちはそんな時代と世の中に、一緒に立っている同志だと思う。四十三年間「ふつう」を求め続けたわたしを目指すなら、諦めずにその夢を追ってほしい。叶わぬ恋は人を強くするそうだ。

造り手のほうには今年も新たに若い血が入っているようですが、その結晶を飲み手に伝える売り手は…といえば、
「ふつう」を求める限り、相も変らず『叶わぬ恋』に振り回されるのでしょうか。