インクジェット・プリンタ

仕様がなしに使っていたインクジェット・プリンタの用紙端で色がずれる不調にしばらく頭を悩ませており申す。
紙端まで印刷させる某宅配会社の伝票レイアウトが悪い!といえばそれまでなれども、代引きを利用される方々への領収書となる部分の金額明細が不明瞭となるのは、個人のお客様がほとんどとはいえ我が身に置き換えたらやはり気分は良くありませぬし、第一にご迷惑でしょう。
購入時期を調べたら2010年8月ですから、かれこれ5年半も使っていた訳で『廃インクの吸収パットの限界』アラートは出ていないものの「そろそろ代替を…」と思案が要る時期かと。
 
レーザ・プリンタはWindowsアプリの仕様からCanonを使わざるを得ない事情があるため致し方ないにしろ、ことインクジェットとなると彼の社のインクの消費量の激しさ、つまりは印刷コストの高さはつとに知られるところ。それ故に従前からEPSONを使っていたのですが、現行機の追加オプション、ネットワーク・アダプタのOS X El Capitanへの対応も望めないようですし、後継機に至ってはそのネットワーク・アダプタすら用意されておりませぬ。結果、接続方法はUSBオンリーなのにビジネスモデルと謳っていることにも業を煮やして、浮気を決意!(笑)
 
『MacとWindowsの双方に対応し、LAN、またはWi-Fiで接続でき、かつ印刷コストが安い!』
この条件を満たす前出2社以外の製品を探すとブラザーかHPになるようなれども、HPは過去にその動作音のバカでかさととインク詰まりで懲りた記憶がトラウマになっているため、無難にブラザーを選ぼうとするものの…
 
背面、かつ用紙を複数枚セットできる多目的トレイの他、給紙は1枚ずつとはいえ背面手差しトレイでA3サイズまで対応し、インク容量も大きめな…
brother DCP-J4225N-W

と、用紙はA4止まり、かつ背面手差しトレイは1枚ずつの給紙、インク容量は家庭用レベルなれども、滅多に使わないとはいえ頼まれることもあるCDやDVDのレーベル印刷もできる…
brother PRIVIO DCP-J963N-W

はてサて、どっちを!? 
クレジットカードの締め日も過ぎた月初ゆえ、もうちょっと悩んでもいいかも♪ (^_-)-☆


原点回帰?

久々に伺ったら…「あれぇ〜、前から名入れの丼だったけ!?」 
それに何だかスープの油っぽさが強くなったような…。
老舗とはいえ、そこかしこに時の流れを感じさせられまするが、値段はそのままなのと…
接客のおネエちゃんがかわいいのがうれしい!!(笑)
 
reijin1601
ラーメン特大600円♪
ごちそうさまでした!
[expand title=”もっと読む”]■中華そば 麗人
 新潟県五泉市村松甲1841 〒959-1704
 〈下の写真は2012年12月12日訪店時〉
reijin1212[/expand]


年明けの便り2016

恒例となった木曾の佐藤阡朗さんの51回目となる『たらの芽通信』を拝借いたしまする。
 

民藝論と職人

 
 思わぬ出来事で日本民藝協会の専務理事という役目を2011年9月から実質に担うことに成って4年余りになった。柳宗悦の民藝論に殆んど無関心で漆の仕事に邁進してきた私は、この役目に未だ戸惑っている。
 この世に愛想を尽かして早大時代に世を去った兄の遺言を受けて、将来何の職があろうが、仕事を通して「産まれてきて良かった」と思える世界にしよう、と誓っての人生だった。
 美しさは不便と不均一の抵抗の中から生まれる。簡便と即席に浸かるこんにち、真の美から遠のくのは必然である。柳宗悦の求める浄土は私の求む美の浄土と重なる。だから漆の修業中、どれほどの先人の知恵と工夫と努力と謙虚さにこころ打たれてきた事か。また自然のめぐみに向いて感謝したことであろうか。私は民藝の理屈もその仏教哲学も知らないが、美しい世で生きたいし、未来にそんな美の世界を残して去りたいと思っている。
 柳宗悦が同じ世を思うなら、彼と私は同志である。ストイックに生き抜いた漆掻きの谷口吏さんや澤口滋さんの生涯を思うと痛く辛い。
 比べて私はユルく生きてきた。だから未だ生きている。昨今、凄いぞニッポンとテレビは採り上げる、人でもいいところを拾い上げられてはおしまいである。元々日本は世界最高に完成された美の国であった。
 協会のこの立場であと何が出来るか、少しは役立てるだろうか自信がない。

 2016年1月

佐藤 阡朗

(原文のまま)
 
改めて、穏やかな一年でありますように!


鄙願

 
20151030アテは…ほうれん草の胡麻和え♪
 
地元酒が不得手なのに「あれこれ揃えてほしい」とのご下命が………。
こういう時にはいつも助けていただいている駆け込み寺に縋って♪(笑)
 
その一つがこれなれども、「うぅむ、可もなく不可もなく、どちらかといえば不可に近い」かと。(苦笑)
冷やジュルでは米のうまみを感じさせつつも、引っかかるところが…。その引っかかりが燗でも拭えないのですわ。
炭は感じさせないものの、これも濾過でバランスを崩した?
 
カミさんがつけたもう一方は…「アチチチ!こんなに熱くしちゃダメだって!」
こちらも冷やジュルではふくよかな米の味わいとこの蔵独特の甘さを上手くバランスさせていたものの、燗をつけると、少々温度を上げすぎたとはいえ、芯がない!
[expand title=”もっと読む”]まぁ、黙って冷やで飲ませれば双方ともに「これ、いい!」という方々も結構いらっしゃるでしょうが………。
新潟の地にホントの燗でうまくなる酒はいつになったら現れますやら。(´Д`)ハァ…
 
ド田舎の意固地な燗酒屋の願いがいつか叶う日がくるように…という思いからこのタイトルにしましたが、某酒屋さんのPBとは無関係です♪(爆)[/expand]


五里霧中?

 
20151029アテは…鰈の煮付け♪
 
先日の色白美人同様、まぁ、色がないこと!(笑)
これでも純米吟醸なのに、冷やでも燗でも何をどうしたかったのか「さっぱりわかりませ〜ん!」。
こんなに顔の見えない酒も久しぶりですわ。
かつてはいい酒を出していてくれたのに、どこで歯車が狂ったやら………。

このシリーズはもとより酒造りの方向性をもう一度煮詰め直されては如何?
 
鰈もイマイチな味わいだったし、締まらない一日の終りであり申した。(怒)


ごはんのような酒

 
20151028アテは…ビセラナガオカ改め(?)長岡食肉センターのモツ煮込み♪

長岡の方でも群馬のR17沿い某食堂のファンがいらっしゃるようだけれども、それこそ灯台下暗し!
おやぢの中のNo.1がせきよう肉店さん、次がここ♪

酒は竹泉の純米“どんとこい米”。2,100/1800ml(税別)と抜群のコストパフォマンス!
かつて石川杜氏(竹鶴酒造・広島県)が「どんなおかずにも合い、毎日食べても飽きない。そんなごはんのような酒を造りたい」と語っておられました。
廉価な部類に入るものの、この酒もまさしくその一つに数えられる酒。
アテと合わせた時にこそ、その酒の真価が明らかになるのですな♪
 


低精白酒は低アルコールにしなければならないのか?

 
20151027アテは…大根菜の煮浸し♪
 
しばらく北島が続くことが予想されまするが、今になってサンプルをあれこれチェック中ゆえのこと。(苦笑)
 
これはまだ日の目を見ていない(?)生酛純米“渡船八割磨き”H26BYの二度火入割り水多めでアルコール度数13.7%に仕上げられたもの。ここまで割り水をかけても程良いうまみと押し味もありまする。
その上、さらっと飲めますからこういうシンプルなアテにも酒が出しゃばることもないし、なかなかいいかも♪
 
以前の特定名称酒の「精米歩合70%以下」という規格の名残りか、それよりも磨いていない米で仕込まれた酒を区別する時に“低精白”という括りを使ったりします。
こうした低精白の酒が加水火入れされると、なぜか低アルコール酒にされることが多いのですが、どうなんでしょう?

※ちなみに現在は純米酒のみこの精米歩合の規定がありません
[expand title=”もっと読む”]低精白の酒はアミノ酸はじめとする有機酸が多く出ますから、熟成が進むと諄い、重い、俗にいう柄の悪い酒になりやすいのも確かですし、世には尤もらしいストーリーを付加されたその柄の悪い酒も多く出回っていますが、要は後味のキレ次第ではなかろうか…とも思う訳でして………。
 
うまみが損なわれ水っぽくなってしまう寸前、つまり加水の限界を探り低精白でも70%以上に磨かれた一般の酒と同じような味わいを求めるならそれもありでしょうけれども、それならなぜ敢えて米を磨かないのか。
低精白でも下卑た酒とならず、かつ低精白らしい野性的な味わいを積極的に愉しもう…という向きからしたら、割り水をする場合、一体アルコール度数を何%くらいに仕上げたらいいのでしょうかねぇ。
[/expand]


見納め?

 
20151026アテは…鰯の煮付け♪
 
この北島もたぶん最後になるであろう生酛純米“渡船八割磨き”H26BY火入原酒。
渡船は去年のレギュラー生酛では少々頼りなさを感じていたけれど、これを見ると「ただの熟成不足だったのかも…」と思わせるけれども、低精米を謳う酒にありがちな柄の悪さもなく、どっしり骨太の味わいを楽しませてくれまする。
 
ひやおろし版の後で二度火入の割り水版も楽しめたら………。期待してもいいでしょうか?(笑)
 
来月は某蔵の熟成酒が面白そう!