珍客万来

最新第8巻♪’

最新第8巻♪’

ま・ぜらさんがお見えになった翌日に電話が…。
「今、8号線の大きな道の駅にいるのですけど、そちらまで行くには…」
「もう一度新潟市内方面に戻り、7号のバイパスを新潟西ICへ向かうと116号への分岐がありますから、そこから一時間ほど走ったところにあるコンビニでもう一度電話を」とお伝えした後、こちらも外へ出る用があり、「そろそろかなぁ」と帰りを急ぐ道すがらにiPhoneが鳴りまする。→ 着信音

「今着きました。こちらの車は水色の…」「10分ほどお待ちを」
駐車場に車を滑り込ませると、車の前で待っていた人は…
「あれぇ〜、○坂さんじゃない、どうしたの!?」
「憶えていてくださいましたか」
だって、さんざんお世話になったんだもの、忘れる訳ないでしょ。
ナント、今季は山形らしからぬ酒を醸す某蔵におられたとか。へぇ〜×3♪

先日もお隣の県の蔵人さんが立ち寄ってくださいましたが、20BYの造りを終え、季節雇用の蔵人さんたちは久しぶりの我が家を目指す時期。
無事の皆造をお慶びいたしますとともに、また元気なお顔を見せてくだされ♪

こちら(↑)は…いよいよ生酛に取りかかろうとする第8巻、出ました!! (笑)

Top
タイトルとURLをコピーしました