骨休め

長月の声を聞いた途端にまたもや放り出され、相変らず迷走を続ける日本同様、片付けはちっとも進まないものの、休む時は休みまする♪

ここ最近、ますますおバカ度の上がる日本を尻目に「これでもか」とどでかい大自然を見せつけてくれる呑兵衛嬢のブログに幾度も目が点になりつつ覚えていた違和感。先週の五週間ぶりのメンテと二ヶ月ぶりの理髪でようやく軽くなった頭をひねっていたら…
「あっ、そうかぁ!?!?」
あれだけ広大な風景を目の当たりにしたら、当然、日本なら温泉が付き物のはずなのに…
あちらには温泉に入るという風習がないとは何とも…勿体ないっ!!

強食塩泉てな訳で、今日は鄙びた湯宿でぐでぇ〜♪

時々休むこともあるので電話で確めたら…
「すみません、塩湯の方、お湯を落としたので夕方までかかります」orz
怯む気持ちを昼に飲んだビールがうっちゃり…
「どうしても行くのだぁ〜」(笑)

枕があったら寝湯になりそうなお目当ての塩湯は後回しに、もう一つのお湯へ。


硫黄泉ややぬるめなれど、膝と肘に痺れるように沁みていく湯。
貸切り状態の湯槽で思いっ切り手足を伸ばし、掛け流しの湯に浸かれば、顔に当たる秋風がなんとも心地いい。
加えて…
ロビーの自販機で買った缶ビールを「プシュッ!!」とやれば…
ヨセミテやナイアガラ、グランド・サークルなんのその♪ (笑)

まっとうな酒との出会いが稀な彼の地であろうとも、あれだけの絶景を見ながら温泉に入られたら…まずいカップ酒でも許しちゃう!?
いやいや、それなら「まだビールやワインの方がマシ!!」ってのが、大方の燗酒飲みの一致するところかと。
まっとうなおチャケたちは言わずもがな、これも日本ならではの愉悦。
それが他人様がせっせと働いている時間とあらば、なおのこと♪ (笑)

コメント

  1. まき子 より:

    そそそそーーおなのです!
    温泉がありません!!
    NYにいる高校時代の同級生とも
    「温泉と“お笑い”が恋しいよね」って言ってたところでした。

    こちら、「Spring」と書かれた場所に行っても、
    水着着用が当たり前なんですもん(涙)。

    湯気がもくもく目の前に立って、
    「なんだかよくみえな�い」という光景が懐かしいです。

    そいえば今の自分ちでタブにお湯を張った事も一回しかないです。。。
    半年以上、湯船に浸かっていないことに。。。

  2. おやぢ より:

    To まき子さん
    ねぇ〜、山へ行っても海へ行ってもまず探すのは露天風呂などの温泉施設。
    それが日本人というものかと。(笑)

    水着着用なんて風呂じゃないでしょ!?
    それにしてもシャワーだけなんて、ロッカールームに等しいですな。
    もはや風呂とは呼べない♪ (笑)

  3. おさむ より:

    この温泉はこの前、遊びに行ったときに言っていた温泉でしょうか?
    かおり姫も食いつき興味津津(*^_^*)
    ぜひ教えてください!!
    いいお風呂といい景色があったらお酒は我慢できません。
    お風呂に持ち込んで飲むのもたまらんですな〜(^◇^)

  4. おやぢ より:

    【↑エクスポートの不具合で過去記事が尻切れ蜻蛉になっていた時にいただいたコメントを復活させました】

    To おさむさん
    そうですよぉ、あの湯治湯宿です。
    朝10時から昼15時までしか休憩室が使えないのが玉に瑕ですけど、お湯は◎♪
    今度お越しいただいたときに道順をお教えしますね。

Top
タイトルとURLをコピーしました