訪問をお願いしたときから「夜はお酒をご一緒しましょう」と仰っていただいていた “酒モアイ” 杜氏との酒席は、竹原某所(許可をもらってないので仔細は伏せます)。
今季から泊り込みの蔵人さんが増えたため、賄いを一人でこなす奥様にこれ以上の労をおかけするのは忍び難く…。かくして、あの “居酒屋竹鶴” は伝説となったのでありました。およよよよぉ〜。(T^T)

刺身酒は『放し飼い』なれど、気配りは『過保護』な “酒モアイ” 杜氏ですから、その設えに抜かりはありませぬ。H18BYの生酛純米13号・14号を携えての宴。いきなりの新酒『煮酒』で幕が開きます。
素手で持てないほどアチチ燗のお酌を受けて一口すすれば、「はぁ〜っ」とすでに顔は恍惚、身体は老骨。(苦笑)
これだけでも夜通し駆けてきた甲斐が…。

アテは、久しぶりにお目にかかる海鼠と鮃・鮪のお刺身に…
これ、とろろではありませぬ。な、なんと、生酛!!

生酛18BY13号生酛18BY14号

左はホワイトバランスが狂っているため、黄ばんで見えますが、生酛の酒母って、ホントにきれいです。タンク内でも泡が速醸のように “なまこ” やねっとりすることもなく、きめ細やかで冴え冴えとしているのですよ。
牡蠣それを…
分析の残り物とはいえ生酛を舐めながら生酛の酒を飲む、という神をも恐れぬ所業!?
仕込みは違うものの、飲んでいるお酒の母体。まさしく
「(酒)母の味〜♪」
某製菓会社とは雲泥の差ですな。(笑)

そして、広島の冬の味覚といえば、牡蠣。ここ竹原でも当然、どっさりと。まずは酒蒸しから。
牡蠣次いで、オリーブオイル焼きも。
牡蠣嫌いのカミさん、すすめられて恐る恐る手を出し…。
「これなら食べられます!!」
と。仕舞いには喜々としてパクつき、締めの牡蠣ごはんでは、なんとお代わりを!?
こちらにも牡蠣はありますが、今まで不味いものしか喰わせてないみたいで、穴があったら入りたいおやぢ。X-)
後で「牡蠣は竹原に限るのう」と云ったとか。
あんたは「目黒の秋刀魚」の殿様かいな。まったくもう…、ブヒブヒ、(-Φ-)ブ〜!
生酛かけ柚べしそして、そして、もう一つの驚愕は…

これこそ山かけではありませぬ。ポケットに忍ばせていた、あの “柚べし” を切ってもらい、アテにしたのはいつものことながら、これに生酛の酒母をかけてしまったのですぞ。
すると…もう…笑わずにはいられませぬ。
グレープフルーツを思わせる香りと酸味。これぞ、妙味ですな♪
これには “純米にごり” がピッタンコ。“純米吟醸生酒” や “八反原酒H12BY” も登場し、すっかりしっかり「煮酒の舞い at 竹原」でございまする♪ (笑)
がんこ寿司楽しい時間はあっという間に過ぎ…牡蛎ごはんまでいただいて、
「余は満足じゃ♪」
ごちそうさまでした〜、と店を後に…。

杜氏と別れ、歩いてホテルへ帰る道すがら、こんな看板を発見!!
どこかで見聞きしたような名前ですこと♪ (笑)
案の定…

がんこ
おチャケは、これっ!! (笑)

【つづく】