届いた日にラベルを見ながら…
「げっ、今年はのっけからこれかいっ!?」と開いた口が塞がらなかった【H18BY 仕13号 +13.5】のスタンプ。
「自分が本当に飲みたいと思う酒を造るだけ」という加藤杜氏だけど、いの一番に切りに切ったこれをもってくるとは…。
蔵の在庫が尽きて、まずは自分たちの飲む分を? はたまた…

生酛のどぶ■生酛のどぶ H18BY仕込13号+13.5 生原酒
冷やで。まずは上澄みから。もっとガチガチに硬く、当然、「渋ぅ〜!!」と顔をしかめるかと思いきや、原酒ということもあって思いの外に味がありますぞ。
良く振って醪をからめると仄かにガスっ気も。この含み(香)は紛れもなく“生酛”ですな。
「くくく、ウマ〜っ!!」と一人ほくそ笑むおやぢ。

「これなら」とアチチに煮ます。徳利の底からは細かな泡が次々に涌き上がってきますぞ。
発泡酒状態の “どぶ” を杯に注ぎ、冷ましつつ啜れば…
「はぁ〜」と漏れる溜め息ひとつ。
「これが生!?」「これが原酒!?」
うまみと強さ、そしてキレが見事な調和を見せまする。
もう、いきなり全開!!

“大食い誘発剤” の “どぶ” ですから、杯のみならず箸のほうもスピードアップ。
タコの頭、鰯の粕煮、車麩と豆腐の卵とじ、蕪・人参・椎茸の煮物…。
白菜漬けを口直しにバッサ、バッサとなで斬って…
呑んだ後で「腹いっぱい〜っ!!」という言葉が口をついて出てくるのもまた、“どぶ” ならではの珍事かと。
う〜む、“生どぶ”、もっと入れれば良かったかしら。X-)