梅雨が明けてくれたのはいいけれど、「飲むか?」といわれても怠さが先に立ってしまい、「今日はダメ」と “ここ飲み屋かい?” までキャンセルする始末。
もっとも先月11日(水)以来休みなし。老体にはきつい山場を迎えた頃かも。
でも、決してお江戸埼玉で悪乗りしたツケではありませぬゆえ………のはず。X-)

然らば、どんな栄養ドリンクよりも効き目がある『にごり』パワー注入!!

生酛のどぶ生酛のどぶ H17BY仕込19号+13
蔵のおばちゃんたちが不慣れだったため、ホントは『+13.5』なのに、行き場を失くした『0.5』が切り捨てられたしまったお宝ヴァージョン。これが紙幣や切手なら…とんでもないプレミアがついたでしょうに♪ (笑)

某所からのご下命により、17BY中、最もメーターの切れたこれを夏向きに…と取り出したものの、「えぇ〜っ、まだこんななの!?」なれど、練れ味には程遠い後味が、まだまだたっぷりと伸び代があることを感じさせまする。
困惑しつつアチチ燗(60℃近辺)から冷ませば…
「わぁお、こりゃええわ♪」
ス〜イスイと滑りながらも、後のキレの潔いこと。
これなら某所でもお気に召していただけますかな。それとも「こんな呑み過ぎる酒、送るんじゃねぇ!!」とあべこべにお叱りを受けるか?

アテは、庶民の味方、鰹の刺身。丸々半身で350円ですから♪
生姜醤油ではじめたものの、今イチぴりっとしませんな。然らば “富士酢” を加えて…
「おぉ、これこれ♪」
夏のアテに相応しく、また、疲れた身体もまっとうな酢でリフレッシュを。
セロリ・キャベツ・じゃこの炒め煮。セロリとじゃこが “どぶ” を呼びまする。
ミニトマト・胡瓜・茗荷・セロリ・玉葱のサラダはマヨネーズで和えて…。
冬瓜・人参・マッシュルーム・さつま揚げの煮物。出汁を吸った冬瓜が、◎。

いつものことながら “どぶ” は『大喰い誘発剤』。見る見るアテが減っていきますから、夏バテしている暇もありませんな。もちろん、夏痩せとも無縁。
えっ、杜氏の体型をみれば分かるですって!? そりゃ、ごもっとも♪ (笑)