「わぁお〜!?!?」
或る箱を開けたらひょっこりと出てきたのは…
確かちゃむさんからいただいたおチャケだったかと。
どちらも先のミレニアム前、20世紀の“ひこ孫”二種。それも大吟と吟醸!!
見つけた時が飲み時ですから、早速♪

ひこ孫■ひこ孫 純米大吟醸(1990詰)
どこかで見つけた大吟をおやぢにも「味を見てもらおうと思って」とわざわざ詰め替えてまで持ってきてくださった一本。
ここまで練れるとさすがに「大吟ならでは」という分かりやすさは鳴りをひそめ、後味のきれいな熟成酒となりますが、上燗(45℃近辺)は超しても熱燗(50℃近辺)までいかぬよう加減して燗をつけると、いきなりうまみがブワ〜ッとふくらみます。その上、うまみの余韻がきれい、かつちょうどいい按配の長さ。
これが大吟らしい品格のあるキレでしょうな。

■ひこ孫 純米吟醸“小鳥のさえずり”(99.4詰)
こちらも同じように寝かせた普通の純米からすればきれいなのですが、大吟の後ではずいぶんと図太く感じます。が、思わず「うまい!!」と声にしてしまう分かりやすいうまさ。飲み応えもこちらの方がありますから、万人向き♪
とはいえ、何人の人がここまで待てるでしょうや。大概はここへ到達する前に飲まれてしまうはず。ウチのは2002.5詰ですから、もう三年ですか。
うぅむ、残っているかどうかはビミョ〜♪ (笑)

鮭の煮付けには玉ねぎとししとうの付け合わせが…。
シメジ・里芋・大根の煮物、と普通の“おかず”なれど、酒がいいとウンマい♪

H1兄からいただいた山牛蒡の梅和え。残念ながら添加物バリバリ。orz
気にしない人は気にしなくてすみますから、或る意味では羨ましい限りですな。
おチャケはじめ、口にする物すべてに窮屈な我が身が忌々しくさえありまする。

ゲソとキャベツ・胡瓜の柚子胡椒マヨネーズ和えもパクパク。ところで…
「イカの身は何処?」