■2004/12/22 Wed. の酒

地震の時、5段目から落ちながら奇跡的に助かった1本。王冠の凹みと破損したラベルがあの時を思い出させる。

帰ったら、鱈(^^; の煮付け。運良くオスだったらしく、昼に続いて白子もある。肝もだ。大根と里芋も煮汁を吸っている。他に鰯のカレー煮にビーフシチューという、何の脈絡もない献立だが、今日に始まったことじゃないからしょうがない。

さて、秋鹿。2004の若さと煌めくような酸の立ち上がりも捨て難いが、まだ純米の表示がない2003の練れた味わいは熟女の魅力か。まろやかに、またたおやかに旨みが押し寄せてくる。
白子を一口、肝を一口、煮汁のしみ込んだ大根を、ねっとりかつ風味の強い里芋をと、箸と杯が進む。
原酒にありがちな諄さもなく、アルコールの強ささえふくよかなボディにしてしまった。これが若さだけでは太刀打ちできない熟練の味というものだろう。

ただ、ちょっと甘めのカレー煮やビーフシチュー相手だと、ややもたつきを見せる。こちらには、押し味とキレが欲しいところだ。
てな訳で、るみ子の酒瓶火入れ6号酵母13BYを当てる。もっと渋い酒でもよかったけど、二言目には「塾は?」と吠える教育ママよろしく、一言目から「熟」「熟」と、『熟』好きなおやぢのホームストックに渋酒・苦酒はないのですよ。X-)